研究者
J-GLOBAL ID:201901012607613986   更新日: 2021年08月15日

小川 明宏

オガワ アキヒロ | OGAWA Akihiro
所属機関・部署:
職名: 非常勤研究生
研究分野 (3件): 循環器内科学 ,  栄養学、健康科学 ,  リハビリテーション科学
研究キーワード (5件): 心臓足首血管指数 ,  酸素摂取量 ,  サルコペニア ,  血管弾性 ,  心臓リハビリテーション
論文 (21件):
  • Shuji Sato, Kazuhiro Shimizu, Takuro Ito, Masakazu Tsubono, Akihiro Ogawa, Takeshi Sasaki, Mao Takahashi, Mahito Noro, Kohji Shirai. Increased Arterial Stiffness in Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension Was Improved with Riociguat and Balloon Pulmonary Angioplasty: A Case Report. International Medical Case Reports Journal. 2021. Volume 14. 191-197
  • Akihiro Ogawa, Kazuhiro Shimizu, Takahiro Nakagami, Hiroshi Maruoka, Kohji Shirai. Physical Function and Cardio-Ankle Vascular Index in Elderly Heart Failure Patients. International heart journal. 2020. 61. 4. 769-775
  • Akari Tsuchiya, Keiichiro Terayama, Ryuji Sakakibara, Jalesh Panicker, Fuyuki Tateno, Yosuke Aiba, Hiroyuki Haruta, Takashi Akiba, Akihiro Ogawa, Ayami Shimizu, et al. Urodynamic and gait analyses in multiple system atrophy. Journal of the neurological sciences. 2020. 411. 116676-116676
  • 寺山 圭一郎, 清水 一寛, 小川 明宏, 秋葉 崇, 土谷 あかり, 寺本 博, 縄田 千恵, 中島 悠華, 高木 瑛基, 新野 直明, et al. 地域在住高齢者における身体機能指標としてのCalf Ankle Index Short Physical Performance BatteryおよびShort Physical Performance Battery community-based scoreとの関連から. 理学療法の科学と研究. 2020. 11. 1. 11-16
  • Hiroshi Maruoka, Ken-ichi Tanaka, Masashi Zenda, Akihiro Ogawa, Akihito Ishigami. Effect of exercise on angiogenesis and oxidative stress of lower limbs ischemia in SMP30/GNL knockout mice. Int J Anal Bio-Sci. 2020. 8. 4. 71-82
もっと見る
MISC (58件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • ケースで学ぶ理学療法臨床思考
    文光堂 2019 ISBN:9784830645792
  • CAVIから眺める血管機能学
    血管健康増進協会 2019 ISBN:9784990391553
講演・口頭発表等 (32件):
  • 心不全患者における最高酸素摂取量の規定因子としての動脈弾性能
    (専門リハビリテーション研究会 第20回学術大会 2021)
  • 運動療法のベストプラクティス -多様な運動療法をどう活かすか- 等尺性収縮運動による血管弾性能Cardio-Ankle Vascular Indexの変化
    (第27回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2021)
  • 高齢心不全患者の血管弾性機能Cardio-ankle vascular indexに対する等尺性収縮運動の即時的効果とCAVI変化度の関連因子
    (日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2020)
  • 高齢心不全患者におけるサルコペニアと血管弾性機能CAVIの関連性
    (日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2020)
  • 臓器横断的に考える肥満症の健康障害:領域横断的肥満症WG連携企画(2) 運動器疾患における肥満症の影響と問題点
    (肥満研究 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2021 埼玉県立大学 博士後期課程
  • 2011 - 2015 埼玉県立大学 リハビリテーション学専攻
  • 1997 - 2000 藤リハビリテーション学院 理学療法学科
学位 (2件):
  • 博士(健康科学) (埼玉県立大学大学院)
  • Ph.D. (Saitama Prefectural University)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 東邦大学医療ンセンター佐倉病院 災害派遣室 副室長
  • 2021/04 - 現在 埼玉県立大学 博士研究員
  • 2020/04 - 現在 東都大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 東邦大学医療センター佐倉病院 リハビリテーション部 技師長補佐
  • 2019/04 - 現在 国際医療福祉専門学校 理学療法学科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2021/07 - 現在 日本理学療法士協会 グランドデザイン作業部会
  • 2014/04 - 現在 介護労働安定センター ヘルスカウンセラー
  • 2020/11 - 2022/03 日本理学療法士協会 診療報酬検討会 構成員
  • 2019/04 - 2021/03 日本理学療法士協会 新型コロナ対策本部 理学療法業務等担当 構成員
  • 2015/04 - 2016/03 第22回千葉県理学療法士学会 学会長
受賞 (4件):
  • 2015/01 - 埼玉県立大学 学生表彰
  • 2014/11 - 私立医科大学理学療法研究会 学会奨励賞
  • 2013/02 - 千葉県理学療法士学会 最優秀賞
  • 2012/11 - 日本臨床バイオメカニクス学会 最優秀演題賞【若手部門】
所属学会 (8件):
日本循環器理学療法学会 ,  日本サルコペニア・フレイル学会 ,  日本成人病(生活習慣病)学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  日本臨床生理学会 ,  日本循環器学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会 ,  日本理学療法士協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る