研究者
J-GLOBAL ID:201901012705763228   更新日: 2024年05月10日

讃岐 拓郎

Sanuki Takuro
所属機関・部署:
職名: 主任教授
研究キーワード (8件): 歯科麻酔学 ,  上気道閉塞 ,  上気道開通性 ,  上気道防御反射 ,  電子スピン共鳴法 ,  大規模調査研究 ,  医学シミュレーション ,  医学教育
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2026 新しいラットモデルを用いた術後痛遷延化の分子遺伝メカニズムの解明と治療戦略の開発
  • 2022 - 2025 歯科治療におけるストレス評価
  • 2024 - 2025 バーチャル・リアリティ技術を用いた歯科恐怖症患者に対する新規管理方法の 確立
  • 2023 - 2024 バーチャル・リアリティは歯科の鎮静に使用する麻酔薬の投与量を減少させるか?
  • 2021 - 2024 抗腫瘍性ケモカインCXCL14C末端ドメインを応用した次世代の癌転移阻害剤の開発
全件表示
論文 (83件):
  • Takuro Sanuki, Shota Tsukimoto, Hidetaka Kuroda, Kanta Kido. Journal Impact Factor for Journals Specializing in Dental Anesthesiology. Anesthesia Progress. 2024. In press
  • Hidetaka Kuroda, Tomomi Katayama, Atsuki Yamaguchi, Norika Katagiri, Shota Tsukimoto, Uno Imaizumi, Takuro Sanuki. Use of Rocuronium and Sugammadex for a Patient with Controlled Polymyositis. Anesthesia Progress. 2024. In press
  • Takuro Sanuki, Shota Tsukimoto, Hidetaka Kuroda, Uno Imaizumi, Naotaka Kishimoto. How Safe Is Anesthesia Management by Dentist Anesthesiologists?: The Need for an International Collaborative Study on the Safety of Anesthesia Management by Dentist Anesthesiologists. Anesthesia Progress. 2024. 71. 1. 42-43
  • Shota Tsukimoto, Atsuhiro Kitaura, Rina Yamamoto, Chikara Hirase, Shinichi Nakao, Yasufumi Nakajima, Takuro Sanuki. Comparative Analysis of the Hemodynamic Effects of Remimazolam and Propofol During General Anesthesia: A Retrospective Study. Cureus. 2024. 16. 4. e58340
  • Shota Tsukimoto, Atsuhiro Kitaura, Hidetaka Kuroda, Uno Imaizumi, Fumihiko Yoshino, Ayaka Yoshida, Shinchi Nakao, Noriyuki Ohta, Yasuhumi Nakajima, Takuro Sanuki. Anti-inflammatory potential of remimazolam: A laboratory and clinical investigation. Immunity, Inflammation and Disease. 2024. 12. 3
もっと見る
MISC (8件):
  • 讃岐拓郎. 歯科麻酔学アップデート 歯科麻酔学に関する最近の話題. 東住吉区歯科医師会雑誌. 2024. 45. 3. 27-30
  • 讃岐拓郎. 臨床家のための疼痛コントロールチェックポイント 歯科診療のための疼痛コントロール 鎮静法/全身麻酔編. 歯界展望. 2022. 140. 6. 1134-1144
  • 讃岐拓郎. 歯科医院における全身的偶発症の対応. 東住吉区歯科医師会雑誌. 2022. 43. 23-26
  • 黒田英孝, 讃岐拓郎. Efficacy and tolerability in patients with chronic facial pain of two consecutive treatment periods of rTMS applied over the facial motor cortex, using protocols differing in stimulation frequency, duration, and train pattern. ペインクリニック. 2022. 43. 8. 895-895
  • 讃岐拓郎. 米国歯科麻酔事情:第3報 歯科麻酔におけるシミュレーション教育. 日本歯科麻酔学会雑誌. 2013. 41. 647-648
もっと見る
書籍 (4件):
  • 歯科衛生学シリーズ 口腔外科学・歯科麻酔学 第2版
    医歯薬出版 2024
  • 歯科におけるくすりの使い方2023-2026
    デンタルダイヤモンド社 2022
  • 歯科麻酔学
    医歯薬出版 2019 ISBN:9784263458297
  • 鎮静法ハンドブック : 中等度・深鎮静の安全な管理のために
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2014 ISBN:9784895927772
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 大阪歯科大学大学院 歯学研究科 歯科麻酔学専攻
  • 1998 - 2004 大阪歯科大学
経歴 (7件):
  • 2020/01 - 現在 神奈川歯科大学 歯科麻酔学分野 主任教授(分野長)
  • 2014/04 - 2019/12 長崎大学 歯科麻酔学分野 准教授
  • 2013/04 - 2014/03 大阪歯科大学 歯科麻酔学講座 講師
  • 2012/04 - 2013/03 University of Pittsburgh Medical Center Peter M. Winter Institute for Simulation, Education & Reserch(WISER)
  • 2012/04 - 2013/03 University of Pittsburgh Department of Dental Anesthesiology
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2023/10 - 現在 日本歯科麻酔学会 常任理事
  • 2023/10 - 現在 日本歯科麻酔学会 雑誌編集委員会委員
  • 2023/10 - 現在 日本歯科麻酔学会 事業企画委員会 副委員長
  • 2023/10 - 現在 日本歯科麻酔学会 ガイドライン策定委員会委員長
  • 2023/10 - 現在 日本歯科麻酔学会 症例データベース委員会委員長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2023/04 - 神奈川歯科大学 ベストティーチャー賞
  • 2011 - 上原記念生命科学財団 海外留学リサーチフェローシップ
  • 2007 - 日本歯科麻酔学会 松田学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る