研究者
J-GLOBAL ID:201901012830927097   更新日: 2022年08月03日

佐藤 雄己

Sato Yuhki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 医療薬学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 術後疼痛の症状マネジメントに用いる除痛アルゴリズムと評価指標の構築
  • 2018 - 2021 適正使用を志向したがん化学療法に伴う副作用に対する漢方方剤の個別化治療への展開
  • 2016 - 2019 がん化学療法に伴う悪心・嘔吐治療の個別化を目指した新規バイオマーカーの開発
  • 2015 - 2018 組織所見、音叉検査、遺伝子多型からみた抗がん剤による末梢神経障害の発現予測の検討
  • 2012 - 2014 がん化学療法による悪心・嘔吐における神経ペプチドのバイオマーカーとしての有用性
全件表示
論文 (67件):
  • Yuhki Sato, Ayana Michihara, Yuka Nagatsuka (Handa, Kouichi Yamamoto, Makoto Shirakawa, Hirokazu Katayama. High performance liquid chromatography coupled with mass spectrometry for simultaneous determination of rivastigmine and its metabolite in rat plasma. Acta Chromatographica. 2021
  • Makoto Shirakawa, Alexander Zaboronok, Kei Nakai, Yuhki Sato, Sho Kayaki, Tomonori Sakai, Takao Tsurubuchi, Fumiyo Yoshida, Takashi Nishiyama, Minoru Suzuki, et al. A Novel Boron Lipid to Modify Liposomal Surfaces for Boron Neutron Capture Therapy. Cells. 2021. 10. 12. 3421-3421
  • Makoto Shirakawa, Kei Nakai, Yuhki Sato, Shunji Nakamura, Mari Harada, Kazuki Ishihara, Fumiyo Yoshida, Akira Matsumura, Hisao Tomida. Optimization of preparation methods for high loading content and high encapsulation efficiency of BSH into liposomes. Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine. 2021. 169. 109260-109260
  • Ko Nonoshita, Yosuke Suzuki, Ryota Tanaka, Tetsuya Kaneko, Yoshifumi Ohchi, Yuhki Sato, Norihisa Yasuda, Koji Goto, Takaaki Kitano, Hiroki Itoh. Population pharmacokinetic analysis of doripenem for Japanese patients in intensive care unit. Scientific reports. 2020. 10. 1. 22148-22148
  • Haruka Tsushita, Ryota Tanaka, Yosuke Suzuki, Yuhki Sato, Hiroki Itoh. Effects of dose and type of corticosteroids on the divergence between estimated glomerular filtration rates derived from cystatin C and creatinine. Journal of clinical pharmacy and therapeutics. 2020. 45. 6. 1390-1397
もっと見る
MISC (11件):
  • 森永 裕子, 鈴木 陽介, 時松 一成, 田中 遼大, 佐藤 雄己, 緒方 正男, 平松 和史, 伊東 弘樹, 門田 淳一. P0371-21-PM 血液悪性疾患患者におけるボリコナゾール投与による肝機能障害の発現に寄与する因子の探索(TDM・投与設計,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2015. 25. 327-327
  • 炭本 隆宏, 中原 良介, 藤岡 孝志, 田中 遼大, 佐藤 雄己, 緒方 正男, 伊東 弘樹. 21-4-O2-09 慢性骨髄性白血病治療においてニロチニブの血中濃度モニタリングが有用であった1症例(TDM・薬物動態,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2015. 25. 197-197
  • 龍田 涼佑, 内匠 幸恵, 村谷 菜々子, 佐藤 雄己, 伊東 弘樹. 22-7-O39-01 薬剤管理指導業務開始による他職種の薬剤師へのニーズの変化に関する検討(医薬品情報・データベース,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2015. 25. 235-235
  • 村谷 菜々子, 鈴木 陽介, 藤岡 孝志, 佐藤 文憲, 松本 邦洋, 田中 遼大, 佐藤 雄己, 大野 恵子, 三股 浩光, 岸野 吏志, et al. 21-4-O4-17 CYP3A5遺伝子多型およびインドキシル硫酸の蓄積が生体腎移植後のCYP3A活性の回復に与える影響(薬物動態(臨床),口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2015. 25. 199-199
  • Yuko Ono, Yuhki Sato, Tomotaka Shibata, Yosuke Suzuki, Ryosuke Tatsuta, Takashi Fujioka, Tsuyoshi Noguchi, Hiroki Itoh. CHANGES IN PLASMA GASTROINTESITINAL PEPTIDE LEVELS AFTER PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY IN ESOPHAGEAL CANCER PATIENTS. ANNALS OF ONCOLOGY. 2014. 25
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (熊本大学)
経歴 (4件):
  • 2019/09 - 現在 福山大学薬学部 教授
  • 2015/02 - 2019/08 大分大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長
  • 2005/04 - 2015/01 大分大学医学部附属病院薬剤部 主任
  • 2002/04 - 2005/03 大分大学医学部附属病院薬剤部 薬剤師
所属学会 (6件):
日本薬物動態学会 ,  日本老年薬学会 ,  日本臨床腫瘍薬学会 ,  和漢医薬学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本病院薬剤師会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る