研究者
J-GLOBAL ID:201901012861766008   更新日: 2020年06月08日

北原 寛子

キタハラ ヒロコ | hiroko kitahara
所属機関・部署:
職名: 医員
論文 (4件):
  • Miyazawa H, Kato K, Kobayashi Y, Hirai M, Kimura I, Kitahara H, Noguchi N, Nakamura H, Kawashiri S. Clinicopathological Significance of the ET Axis in Human Oral Squamous Cell Carcinoma. Pathology oncology research : POR. 2019. 25. 3. 1083-1089
  • Kobayashi Y, Kitahara H, Hirai M, Tanaka A, Jokaji R, Kobayashi K, Bou-Gharios G, Nakamura H, Kawashiri S. Selectively high efficacy of eribulin against high-grade invasive recurrent and/or metastatic squamous cell carcinoma of the head and neck. Oncology letters. 2019. 17. 6. 5064-5072
  • Hira-Miyazawa M, Nakamura H, Hirai M, Kobayashi Y, Kitahara H, Bou-Gharios G, Kawashiri S. Regulation of programmed-death ligand in the human head and neck squamous cell carcinoma microenvironment is mediated through matrix metalloproteinase-mediated proteolytic cleavage. International journal of oncology. 2018. 52. 2. 379-388
  • Kitahara H, Hirai M, Kato K, Bou-Gharios G, Nakamura H, Kawashiri S. Eribulin sensitizes oral squamous cell carcinoma cells to cetuximab via induction of mesenchymal-to-epithelial transition. Oncology reports. 2016. 36. 6. 3139-3144
MISC (54件):
  • 宮澤 広樹, 加藤 広禄, 小林 泰, 平井 真理子, 木村 依世, 北原 寛子, 野口 夏代, 大井 一浩, 中村 博幸, 川尻 秀一. ヒト口腔扁平上皮癌におけるエンドセリン軸の臨床病理学的意義. 頭頸部癌. 2019. 45. 2. 159-159
  • 小林 泰, 中村 博幸, 北原 寛子, 川尻 秀一. 高浸潤性頭頸部癌に対するエリブリンの選択的高感受性の検討. 頭頸部癌. 2019. 45. 2. 159-159
  • 加藤 広禄, 宮澤 広樹, 小林 久乃, 北原 寛子, 野口 夏代, 大井 一浩, 川尻 秀一. 当科で治療を行った舌扁平上皮癌Stage I、II症例における潜在的頸部リンパ節転移と病理組織学的因子との関係. 頭頸部癌. 2019. 45. 2. 178-178
  • 本保 敦志, 平井 真理子, 加藤 広禄, 北原 寛子, 大井 一浩, 中村 博幸, 川尻 秀一. 下顎枝の広範囲に及んだ単純性骨嚢胞の1例. 日本口腔科学会雑誌. 2018. 67. 2. 178-178
  • 麩谷 圭昭, 大井 一浩, 井手 健太郎, 大矢 明日香, 小林 泰, 小林 一彦, 定梶 嶺, 北原 寛子, 野口 夏代, 加藤 広禄, 中村 博幸, 川尻 秀一. 顎変形症患者におけるポリソムノグラフィーによる睡眠時咬筋活動の評価. 日本口腔科学会雑誌. 2018. 67. 2. 196-196
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る