研究者
J-GLOBAL ID:201901013193507557   更新日: 2020年04月03日

熊野 みき

Miki Kumano
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (2件): 青年期 ,  アイデンティティ
論文 (6件):
  • 山田 みき, 岡本 祐子. 「個」と「関係性」概念からのアイデンティティ尺度の作成. 広島大学心理学研究. 2008. 8. 89-98
  • 山田 みき. 進路選択に関する語りにみられる「個」と「関係性」からみた青年期のアイデンティティ様態の特徴. 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域. 2008. 57. 185-194
  • 山田 みき, 岡本 祐子. 「個」と「関係性」からみた青年期におけるアイデンティティ : 対人関係の特徴の分析. 発達心理学研究. 2008. 19. 2. 108-120
  • 山田 みき, 岡本 祐子. 「個」と「関係性」からみた青年期のアイデンティティに関する研究の動向と展望. 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域. 2007. 56. 199-206
  • 山田 みき, 岡本 祐子. 「個」と「関係性」からみた青年期のアイデンティティと対人関係上の困難との関連. 広島大学心理学研究. 2007. 7. 159-171
もっと見る
書籍 (2件):
  • 心理学研究の新世紀4 臨床心理学
    ミネルヴァ書房 2012
  • 成人発達臨床心理学ハンドブック 個と関係性からライフサイクルを見る
    ナカニシヤ出版 2010
講演・口頭発表等 (13件):
  • 青年期におけるアイデンティティ発達と購買行動に関わる自己とブランドの結びつきとの関連ー情報提示における擬人化性に着目してー
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 内面を言語化しアイデンティティ感覚を強めた学生相談の一事例-進路と対人関係の語りを通してー
    (日本心理臨床学会第36回大会 2017)
  • 空想の世界にエネルギーを向けていた男児との遊戯療法過程
    (日本遊戯療法学会第23回佐賀大会 2017)
  • 青年期のアイデンティティと進路選択過程との関連-「個」と「関係性」の視点から-
    (日本発達心理学会第21回大会 2010)
  • 進路選択における心理状態からみた青年期のアイデンティティ-「個」と「関係性」の視点から-
    (日本発達心理学会第20回大会 2009)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 広島大学 大学院教育学研究科博士課程後期 教育人間科学専攻
  • 2004 - 2006 広島大学 大学院教育学研究科博士課程前期 心理学専攻
  • 2000 - 2004 愛媛大学 教育学部 学校教育教員養成課程
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (広島大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 松山大学 准教授
  • 2009/04 - 2016/03 エリザベト音楽大学 専任講師
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 愛媛県臨床心理士会 理事
所属学会 (7件):
愛媛県臨床心理士会 ,  日本臨床心理士会 ,  日本学生相談学会 ,  日本箱庭療法学会 ,  日本遊戯療法学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る