研究者
J-GLOBAL ID:201901013244053980   更新日: 2024年04月10日

後藤 和也

Goto Kazuya
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 神経内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 パーキンソン病の非運動症状に対する音楽療法の有効性
論文 (8件):
  • Sakiho Ueda, Akira Kuzuya, Masayoshi Kawata, Kohei Okawa, Chika Honjo, Takafumi Wada, Mizuki Matsumoto, Kazuya Goto, Masakazu Miyamoto, Atsushi Yonezawa, et al. Acute inhibition of AMPA receptors by perampanel reduces amyloid β-protein levels by suppressing β-cleavage of APP in Alzheimer's disease models. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2023. 37. 11. e23252
  • Kazuya Goto, Keiko Imamura, Kenichi Komatsu, Kohnosuke Mitani, Kazuhiro Aiba, Norio Nakatsuji, Makoto Inoue, Akihiro Kawata, Hirofumi Yamashita, Ryosuke Takahashi, et al. Simple Derivation of Spinal Motor Neurons from ESCs/iPSCs Using Sendai Virus Vectors. MOLECULAR THERAPY-METHODS & CLINICAL DEVELOPMENT. 2017. 4. 115-125
  • Kazuya Goto, Takekazu Ohi, Akiko Namba, Norihito Uemura, Hiroshi Kitaguchi. Successful treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus meningitis by intrathecal injection of vancomycin. Brain and Nerve. 2011. 63. 4. 417-421
  • 後藤 和也, 大崎 裕亮, 桝田 宏彰, 南波 明子, 佐藤 啓, 佐藤 眞也, 上村 紀仁, 上村 麻衣子, 丹野 雄平, 森 仁, et al. 一過性全健忘における記憶障害時間と脳MRI所見の関係. 臨床神経学. 2010. 50. 12. 1150-1150
  • 大井 長和, 後藤 和也, 大崎 裕亮, 桝田 宏彰, 南波 明子, 佐藤 啓, 佐藤 眞也, 上村 紀仁, 丹野 雄平, 上村 麻衣子, et al. 道順障害の責任病巣はどこか?. 臨床神経学. 2010. 50. 12. 1172-1172
もっと見る
MISC (16件):
  • 桝田宏彰, 大崎裕亮, 後藤和也, 佐藤啓, 南波明子, 佐藤眞也, 上村紀仁, 上村麻衣子, 丹野雄平, 森仁, et al. 全身性の疼痛が先行し,両眼のかすみが発現したIgG4関連肥厚性硬膜炎の一症例. 臨床神経学. 2010. 50. 10. 752-752
  • 佐藤啓, 大崎裕亮, 後藤和也, 南波明子, 枡田宏彰, 佐藤眞也, 上村紀仁, 上村麻衣子, 丹野雄平, 森仁, et al. 筋皮弁術後に発現した脊髄性ミオクローヌスの1症例. 臨床神経学. 2010. 50. 9. 676-676
  • 後藤和也, 大崎裕亮, 佐藤啓, 南波明子, 桝田宏彰, 佐藤眞也, 上村紀仁, 上村麻衣子, 丹野雄平, 森仁, et al. 頚髄のTIAを繰り返した後に頚髄梗塞を発症した1症例. 臨床神経学. 2010. 50. 9. 671-671
  • 戸田麻衣子, 大崎裕亮, 後藤和也, 佐藤啓, 南波明子, 桝田宏彰, 佐藤眞也, 上村紀仁, 丹野雄平, 森仁, et al. 抗N-methyl-D-aspartate受容体(NMDA-R)抗体陽性脳炎における呼吸異常について. 臨床神経学. 2010. 50. 7. 507-507
  • 丹野雄平, 佐藤眞也, 後藤和也, 大崎裕亮, 佐藤啓, 南波明子, 桝田宏彰, 戸田麻衣子, 上村紀仁, 森仁, et al. 多発性神経線維腫を合併した固定性内斜視の一例. 臨床神経学. 2010. 50. 7. 501-501
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る