研究者
J-GLOBAL ID:201901013401698647   更新日: 2020年09月01日

上田 竜平

Ueda Ryuhei | Ryuhei Ueda
所属機関・部署:
職名: 協力研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 基盤脳科学 ,  認知科学 ,  実験心理学
研究キーワード (5件): 態度 ,  自己制御 ,  対人関係 ,  意思決定 ,  社会的認知
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 「恋心」の適切な制御を支える脳情報処理過程の包括的検討
  • 2019 - 2022 親密な異性間関係の構築と維持を支える認知神経機構の包括的解明
  • 2017 - 2019 機能的磁気共鳴画像法と経頭蓋直流刺激による恋愛行動の認知神経基盤の解明
  • 2017 - 2018 一夫一妻的恋愛関係の計算論的神経科学に関する共同研究の実施
論文 (10件):
  • 上田 竜平. 親密な異性間関係の維持に関わる認知神経機構:能動的・自動的抑制機構の相互作用的関係性. 心理学評論. 2020. 63. 1. 3-24
  • Ryuhei Ueda, Kuniaki Yanagisawa, Hiroshi Ashida, Nobuhito Abe. Executive control and faithfulness: only long-term romantic relationships require prefrontal control. Experimental Brain Research. 2018. 236. 3. 821-828
  • Ryuhei Ueda, Kuniaki Yanagisawa, Hiroshi Ashida, Nobuhito Abe. Implicit attitudes and executive control interact to regulate interest in extra-pair relationships. COGNITIVE AFFECTIVE & BEHAVIORAL NEUROSCIENCE. 2017. 17. 6. 1210-1220
  • Christian F. Altmann, Ryuhei Ueda, Benoit Bucher, Shigeto Furukawa, Kentaro Ono, Makio Kashino, Tatsuya Mima, Hidenao Fukuyama. Trading of dynamic interaural time and level difference cues and its effect on the auditory motion-onset response measured with electroencephalography. NEUROIMAGE. 2017. 159. 185-194
  • Mei Yoneda, Ryuhei Ueda, Hiroshi Ashida, Nobuhito Abe. Automatic honesty forgoing reward acquisition and punishment avoidance: a functional MRI investigation. NEUROREPORT. 2017. 28. 14. 879-883
もっと見る
MISC (2件):
  • Ryuhei Ueda, Kuniaki Yanagisawa, Hiroshi Ashida, Nobuhito Abe. Why do some people engage in immoral love? : Insights from neuroimaging and implicit association test. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 1033-1033
  • Ryuhei Ueda, Hiroshi Ashida, Kana Kuraguchi. Asymmetrical effects of smile and sad expressions on attractiveness. I-PERCEPTION. 2014. 5. 4. 296-296
学歴 (2件):
  • 2014 - 2019 京都大学大学院 心理学専修
  • 2010 - 2014 京都大学 心理学専修
学位 (1件):
  • 博士 (文学, 京都大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 協力研究員
  • 2019/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2017/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
受賞 (5件):
  • 2019/03 - 第21回日本ヒト脳機能マッピング学会 若手奨励賞 親密な異性間関係の維持を支える神経機構:社会的報酬遅延課題による検討
  • 2016/11 - 平成28年度京都大学学生チャレンジコンテスト (SPEC) 採択 歩きスマホ撲滅に本気で取り組みませんか?-潜在意識への心理学的アプローチの提案-
  • 2016/11 - 関西心理学会第128回大会 研究奨励賞 浮気欲求への抵抗:潜在的・顕在的抑制機能の認知的説明
  • 2016/03 - 第5回超異分野学会関西大会 学会特別賞 浮気行動傾向を脳と潜在的姿勢から予測する:社会神経科学による検討
  • 2015/07 - 第17回日本ヒト脳機能マッピング学会 若手奨励賞 前頭前野・報酬系の活動が「無分別な恋愛行動」の個人差を説明する
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る