研究者
J-GLOBAL ID:201901013631437737   更新日: 2020年09月09日

藤野 正寛

Fujino Masahiro
所属機関・部署:
職名: 特定助教
研究分野 (1件): 実験心理学
研究キーワード (5件): MRI ,  情動調整 ,  認知心理学 ,  瞑想 ,  マインドフルネス
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 呼吸波形を用いた「経験にありのままに気づく能力」の生理指標の開発
  • 2016 - 2019 集中瞑想および洞察瞑想が感情調整に与える効果とその神経基盤の解明
論文 (10件):
  • 藤野正寛. 集中瞑想および洞察瞑想による情動調整-高田論文へのコメント-. 心理学評論. 2020. 63. 2. 216-222
  • 藤野正寛, 上田祥行, 井上ウィマラ・イエットサンダーズ, スティーブン重松, 野村理朗. 心理学実験のための集中・洞察・慈悲瞑想の短期介入インストラクションの開発. マインドフルネス研究. 2020
  • 藤野正寛. G.R.A.C.E.と脳科学. エンドオブライフケア. 2019. 3. 3. 87-92
  • Masahiro Fujino, Yoshiyuki Ueda, Hiroaki Mizuhara, Jun Saiki, Michio Nomura. Open monitoring meditation reduces the involvement of brain regions related to memory function. Scientific reports. 2018. 8. 1. 9968-9968
  • 藤野正寛. マインドフルネスとコンパッションの神経科学. Cancer Board Square. 2018. 4. 1. 22-28
もっと見る
MISC (2件):
  • Masahiro Fujino, Yoshiyuki Ueda, Hiroaki Mizuhara, Jun Saiki, Michio Nomura. How do Focused attention meditation and Open monitoring meditation regulate the default mode network activity?. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 883-883
  • 藤野正寛, 上田祥行, 齋木潤, 野村理朗. 瞑想技法の違いが脳の機能的結合性に与える効果. 日本心理学会大会発表論文集. 2014. 78th. 719
書籍 (5件):
  • マインドフルネスを医学的にゼロから解説する本 : 医療者のための臨床応用入門
    日本医事新報社 2018 ISBN:9784784947980
  • 進化するマインドフルネス : ウェルビーイングへと続く道
    創元社 2018 ISBN:9784422101194
  • 身心変容の科学〜瞑想の科学 : マインドフルネスの脳科学から、共鳴する身体知まで、瞑想を科学する試み
    サンガ 2017 ISBN:9784865640922
  • ウェルビーイングの設計論 : 人がよりよく生きるための情報技術
    ビー・エヌ・エヌ新社 2017 ISBN:9784802510400
  • マインドフルネス : 仏教瞑想と近代科学が生み出す、心の科学の現在形
    サンガ 2016 ISBN:9784865640700
学歴 (4件):
  • 2016 - 2019 京都大学大学院 教育科学科
  • 2014 - 2016 京都大学大学院 教育科学科
  • 2012 - 2014 京都大学 教育科学科
  • 1998 - 2004 神戸大学 会計学科
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 京都大学 オープンイノベーション機構
  • 2019/04 - 2020/03 京都大学大学院 教育学研究科 助教
  • 2016/04 - 2019/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2004/04 - 2011/06 シスメックス株式会社
受賞 (5件):
  • 2106/11 - 日本マインドフルネス学会 最優秀研究賞 集中瞑想と洞察瞑想におけるMW対処法の神経基盤
  • 2018/12 - 日本マインドフルネス学会 優秀ポスター発表賞 洞察瞑想はマインドワンダリングへのメタ的気づきを高める -瞑想実践者における集中瞑想との直後効果の比較-
  • 2017/12 - 日本マインドフルネス学会 洞察瞑想の短期介入が表情への注意バイアスを変容させる 最優秀研究賞
  • 2016/11 - 日本マインドフルネス学会 最優秀ポスター発表賞 集中瞑想と洞察瞑想におけるMW対処法の神経基盤
  • 2016/07 - 作業療法神経科学研究会学術集会 奨励賞基礎研究部門 洞察瞑想が線条体をシードとした機能的結合性に与える効果-集中瞑想との比較-
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る