研究者
J-GLOBAL ID:201901013643182181   更新日: 2021年10月22日

山口 武彦

ヤマグチ タケヒコ | Yamaguchi Takehiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 芝浦工業大学  デザイン工学部デザイン工学科   非常勤講師
  • 株式会社BiPSEE  技術アドバイザー(VR医療)
  • Temple University  コンサルタント(VR医療)
研究分野 (1件): ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (11件): VR歩行 ,  デジタル治療薬 ,  身体化感覚 ,  プロテウス効果 ,  Micro-error ,  IADL評価システム ,  ANI早期発見システム ,  MCI早期発見システム ,  軽度認知障害 ,  データサイエンス ,  Virtual Reality
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2025 Assessing Everyday Function in Older Adults with the Virtual Kitchen
  • 2021 - 2024 HIV関連神経認知障害(HAND)診断ツールの標準値構築と動作エラーモデルの開発
  • 2018 - 2021 HIV感染に伴う認知機能障害(HAND)早期診断の為のスクリーニング検査の開発
  • 2018 - 2021 IADLにおける微かな行動の淀みの工学的モデル化:MCIの早期発見技術への応用
  • 2017 - 2020 生理行動計測に基づくVRのための視覚-ハプティクス提示環境のガイドライン設計
全件表示
論文 (131件):
  • Takahiro Ooshima, Ryuichi Osaki, Shimpei Matsukiyo, Makoto Sato, Takehiko Yamaguchi, Tetsuya Harada. An HMD-Integrated Haptic Device for Force, Friction, and Thermal Sensations of Fingertip. 23nd International Conference on Human Computer Interaction. 2021
  • Yoshiki Takahashi, Ryosuke Futatsumori, Makoto Sato, Takehiko Yamaguchi, Tetsuya Harada. Development of SPIDAR-HMD for a standalone HMD. 23nd International Conference on Human Computer Interaction. 2021
  • Kaede Nohara, Seiya Sekiwa, Makoto Sato, Takehiko Yamaguchi, Tetsuya Harada. Development of a pen-type device for SPIDAR-tablet that presents force and thermal sensations. 23nd International Conference on Human Computer Interaction. 2021
  • Motion Primitive Segmentation Based on Cognitive Model in VR-IADL. 2021
  • 安藤泰生, 小濱徳人, Tania Giovannetti, 坂本麻衣子, 山口武彦. 単位セグメント内の平均方向ベクトルの相関性に着目したVR-IADL動作セグメンテーション. 電気学会知覚情報研究会 複合現実型実応用および一般. 2020
もっと見る
MISC (2件):
  • T. Yamaguchi, T. Giovannetti, H. Ohwada, T. Harada. Mild Cognitive Impairment screening becomes a reality. Science Impact Ltd. 2019
  • C. S. Nama, P. Richard, T. Yamaguchi, S. Bahn. Does Touch Matter?: The Effects of Haptic Visualization on Human Performance, Behavior and Perception. International Journal of Human-Computer Interaction. 2014
特許 (4件):
  • 被験者判断装置、方法、及びプログラム
  • 判定値算出装置,方法,及びプログラム,マイクロエラー発生判断装置,方法
  • Information processing apparatus and computer-readable storage medium
  • 情報処理装置、プログラム及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体
書籍 (4件):
  • Child Health and Human Development Yearbook 2014
    Nova Science Pub Inc 2015
  • Technology, Rehabilitation and Empowerment of People With Special Needs
    Nova Science Pub Inc 2015
  • Virtual Reality: People with Special Needs
    Nova Science Pub Inc 2014
  • Advances in Understanding Human Performance: Neuroergonomics, Human Factors Design, and Special Populations
    CRC Press 2010
講演・口頭発表等 (91件):
  • HIV感染に伴う認知機能障害(HAND)早期診断の為のタブレット版スクリーニング検査の開発
    (第62回日本心身医学総会ならびに学術講演会 2021)
  • VRを用いた軽度認知障害(MCI)の早期発見技術
    (第62回日本心身医学総会ならびに学術講演会 2021)
  • Development of SPIDAR-HMD for a standalone HMD
    (23nd International Conference on Human Computer Interaction 2021)
  • Development of a pen-type device for SPIDAR-tablet that presents force and thermal sensations
    (23nd International Conference on Human Computer Interaction 2021)
  • Motion Primitive Segmentation Based on Cognitive Model in VR-IADL
    (23nd International Conference on Human Computer Interaction 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
委員歴 (10件):
  • 2019/06 - 現在 一般社団法人 ライフサポート学会 評議員
  • 2020/09 - 2021/07 HCI International 2021 Program committee Program committee
  • 2019/07 - 2020/07 HCI International 2020 Program committee Program committee
  • 2018/07 - 2020/06 電気学会 C部門 知覚情報技術(CPI)委員会 知・技の伝承と複合現実型実応用協同研究委員会委員
  • 2018/07 - 2019/07 HCI International 2019 Program committee Program committee
全件表示
受賞 (6件):
  • 2017 - ライフサポート学会第 26回フロンティア講演会 奨励賞
  • 2017 - HUCAPP2017 Best paper candidata
  • 2016 - 映像表現・芸術科学フォーラム VR・AR コミュニケーション部門 ポスター発表最優秀賞
  • 2016 - ライフサポート学会第 25 回フロンティア講演会 奨励賞
  • 2015 - IWAIT2015 Best paper candidate
全件表示
所属学会 (3件):
情報処理学会 ,  ACM ,  日本VR学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る