研究者
J-GLOBAL ID:201901013677010711   更新日: 2020年06月11日

石毛 弓

イシゲ ユミ | Ishige Yumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教育工学 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (7件): マンガ ,  サブカルチャー ,  チューター・トレーニング ,  哲学 ,  人格の同一性 ,  チュータリング ,  学修支援
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2024 データ駆動型・ナレッジ駆動型アプローチを融合させたフィードバック誘起モデルの開発
  • 2020 - 2023 高等教育機関における学修支援活動をアウトカム・ベースで評価するシステムの開発
  • 2017 - 2020 学修(習)支援センターの実態調査およびピアサポーターのための教材開発
  • 2014 - 2016 ファシリテータ支援モデルに基づいた多国間協調学習システムの開発と評価
  • 2008 - 2009 日本語表現能力向上にむけての初年次教育
全件表示
論文 (18件):
  • 石毛 弓. 「人格の同一性は重要である」--パーフィットの主張をめぐって. 倫理学研究. 2016. 43. 74-85
  • 石毛 弓. 人格と非人格--パーフィットの「人格の同一性」を考察する. 大手前論集. 2016. 16. 1-14
  • 石毛 弓. CSCL のファシリテーションにおける定型メッセージの作成. 大手前大学CELL教育研究論集. 2016. 6. 1-10
  • 石毛 弓. Survey on Japanese University Students’ Learning Experiences with ICT and Open Sources for International Collaboration. 2014. 827-829
  • 石毛 弓. 会員の本(ピアチューター・トレーニング-学生による学生の支援へ). リメディアル教育研究. 2014. 9. 2. 99-99
もっと見る
MISC (3件):
  • Yumi Ishige, Yoshiko Goda, Masanori Yamada, Junko Hand. Global Collaborative Learning Support System for the Better Understanding of Multiple Cultures. The 29th annual conference of the Society for Information Technology and Teacher Education. 2018
  • Goda, Y, Yamada, M, Ishige, Y, Handa J. Global Collaborative Learning Support System (GLoCL) for Facilitator Collaboration: First Phase Development Report. Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education (ICCE 2017),(2017). 2017
  • 石毛弓, 合田美子, 田中秀樹. eラーニングと対面授業における教育効果の比較分析. 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集. 2009. 256-257
書籍 (13件):
  • なぜ学校でマンガを教えるのか? (大手前大学比較文化研究叢書15)
    水声社 2019
  • 日仏アニメーションの文化論 (大手前大学比較文化研究叢書 13)
    水声社 2017
  • 江戸文化が甦る :トロンコワ・コレクションで読み解く琳派から溝口健二まで (大手前大学比較文化研究叢書12)
    水声社 2016
  • キャリア・プランニング 大学初年次からのキャリアワークブック
    ナカニシヤ出版 2016
  • 大学におけるeラーニング活用実践集: 大学における学習支援への挑戦2
    ナカニシヤ出版 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • 学習支援チューターフォーラム
    (第2回 授業実践フォーラム・第11回 九州・沖縄支部会 2019)
  • Tutor training programs in Japan and the United States
    (NCLCA 34th Annual Conference 2019)
  • オンラインを利用したライティング・チェック・システムの構築と運用題目
    (日本リメディアル教育学会第14回全国大会 2019)
  • 「学生スタッフによる学習支援」の研究方法(ワークショップを通じたデータ分析)
    (日本リメディアル教育学会第14回全国大会 2019)
  • 学修(習)支援における学生スタッフ育成のための教材研究
    (日本リメディアル教育学会関西支部大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • Ph.D(Philosophy) (Durham University)
委員歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 大手前大学交流文化研究所 所長
  • 2019/05 - 現在 公益財団法人寺西育英会 理事
  • 2017/08 - 現在 日本リメディアル教育学会 学習支援部会長
  • 2015/08 - 現在 日本リメディアル教育学会 編集委員
  • 2013/04 - 2020/03 大手前大学交流文化研究所 所員
全件表示
所属学会 (6件):
日本マンガ学会 ,  日本リメディアル教育学会 ,  関西倫理学会 ,  関西哲学会 ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る