研究者
J-GLOBAL ID:201901013880301616   更新日: 2020年01月20日

トロンコソ ジアンカルロス

Troncoso Parady Giancarlos
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://gparady.net/
研究分野 (2件): 土木計画学・交通工学 ,  都市計画・建築計画
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 ジョイントアクティビティの形成メカニズムに関する研究~友人関係と場所性に着目して
  • 2017 - 2020 マルチソースの社会的ネットワークデータを用いた融合型の交通行動モデルの開発
  • 2016 - 2018 米国におけるコンプリート・ストリートに関する取り組みの実態と課題
論文 (17件):
  • Parady G., Takami K., Harata N. Egocentric social networks and social interactions in the Greater Tokyo Area. Transportation. 2020. (In press)
  • Parady G., Katayama, G., Yamazaki, H., Yamanami, T., Takami, K., Harata, N. Analysis of social networks, social interactions, and out-of-home leisure activity generation: Evidence from Japan. Transportation. 2019. 46. 3. 537-562
  • Troncoso Parady G, Tran B, Gilmour S. Effect of seawalls on tsunami evacuation departure in the 2011 Great East Japan Earthquake. Injury Prevention. 2019. 25. 535-539
  • Troncoso Parady, G., Takami K., Harata N. Personal networks and social interactions in the Greater Tokyo Area: An exploratory analysis. Journal of JSCE. 2019. 7. 1. 193-206
  • 銭祺輝,Giancarlos TRONCOSO PARADY,高見淳史,原田昇. 同伴活動の実態と特徴に関する研究 ~「社会生活基本調査」を用いた分析~. 土木学会論文集D3(土木計画学. 2019. (In press)
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Regarding the effect of the built environment and individual preferences on travel behavior: A case study of the Kanto Region, Japan
    (13th World Conference on Transport Research 2013)
  • A panel approach to understanding the effect of the built environment on travel behavior: A case study of the Kashiwanoha Area, Chiba, Japan
    (International Symposium on City Planning 2013)
  • The built environment-travel behavior connection: A propensity score approach under a continuous treatment regime
    (93rd Transportation Research Board Annual Meeting 2014)
  • The effect of social networks and personality traits on out-of-home leisure activity generation: A case study of Fukuoka, Japan
    (14th World Conference on Transportation Research Conference 2016)
  • Accounting for spatial correlation in tsunami evacuation destination choice: A case study of The Great East Japan Earthquake.
    (95th Transportation Research Board Annual Meeting 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2011 - 2014 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 博士課程
学位 (1件):
  • 博士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2014/10 - 2015/03 東京大学大学院 特任研究員
  • 2019/02 - 2019/05 スイス連邦工科大学チュリッヒ校 客員講師
  • 2015/04 - 現在 東京大学大学院 助教
受賞 (3件):
  • 2018/08 - 交通工学研究会 研究奨励賞 「エージェントベースシミュレーションを用いた自動運転車普及シナリオの評価」
  • 2018/06 - 日本都市計画学会 2017年年間優秀論文賞 「大都市圏向け統合モビリティサービスMetro-MaaSの提案と需要評価 -自動運転車によるオンデマンドバスと既存公共交通の将来的な統合を目指して-」
  • 2015/05 - 日本都市計画学会 論文奨励賞 「都市の物的環境と交通行動の因果関係に関する研究 : 日本の諸都市を事例として」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る