研究者
J-GLOBAL ID:201901014037092378   更新日: 2019年11月12日

横江 隆道

Takamichi Yokoe
所属機関・部署:
職名: 医員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 外科学一般 ,  腫瘍治療学 ,  腫瘍治療学
研究キーワード (7件): 乳腺外科学 ,  臨床腫瘍学 ,  腫瘍外科学 ,  一般・消化器外科 ,  乳癌 ,  システマティックレビュー ,  ネットワークメタアナリシス
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 HOX 遺伝子群の発現と Wnt 経路活性による乳癌予後予測モデルの 確立
  • 2017 - 2017 Effectiveness of antiemetic regimens for highly emetogenic chemotherapy-induced nausea and vomiting: A systematic review and network meta-analysis
論文 (8件):
  • Watanuki R, Hayashida T, Kawai Y, Kikuchi M, Nakashoji A, Yokoe T, Toyota T, Seki T, Takahashi M, Kitagawa Y. Optimal use of anthracycline-free perioperative chemotherapy in HER2-positive breast cancer patients. International journal of clinical oncology. 2019
  • Yokoe T, Hayashida T, Nagayama A, Nakashoji A, Maeda H, Seki T, Takahashi M, Takano T, Abe T, Kitagawa Y. Effectiveness of Antiemetic Regimens for Highly Emetogenic Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting: A Systematic Review and Network Meta-Analysis. The oncologist. 2018
  • Yokoe T, Hayashida T, Kikuchi M, Watanuki R, Nakashoji A, Maeda H, Toyota T, Seki T, Takahashi M, Iwasaki E, Mikami S, Kameyama K, Kitagawa Y. IgG4-related mastopathy: A case report and literature review. Clinical case reports. 2018. 6. 8. 1549-1553
  • Nakashoji A, Hayashida T, Yokoe T, Maeda H, Toyota T, Kikuchi M, Watanuki R, Nagayama A, Seki T, Takahashi M, Abe T, Kitagawa Y. The updated network meta-analysis of neoadjuvant therapy for HER2-positive breast cancer. Cancer treatment reviews. 2018. 62. 9-17
  • Yokoe T, Fukada I, Kobayashi K, Shibayama T, Miyagi Y, Yoshida A, Iwase T, Ohno S, Ito Y. Cystoid Macular Edema during Treatment with Paclitaxel and Bevacizumab in a Patient with Metastatic Breast Cancer: A Case Report and Literature Review. Case reports in oncology. 2017. 10. 2. 605-612
もっと見る
書籍 (1件):
  • Cancer Board Square Vol.3 No.2: Feature Topic がん診療のコスト原論/View-point がん診療:卵巣がん・卵管がん・腹膜がん
    医学書院 2017
講演・口頭発表等 (27件):
  • 大腸内視鏡の反転操作にて直腸穿孔を来した1例
    (第48回 腹部救急医学会 2012)
  • 切除生検が有効であった非浸潤性アポクリン癌
    (第10回 乳癌学会関東地方会 2013)
  • 胃癌に対し胃全摘術後、Implantationを認めた1例
    (第75回 臨床外科学会 2013)
  • 乳癌術後、尿崩症を来した1例
    (第21回 乳癌学会 2013)
  • 上部消化管造影後に発症した絞扼性イレウスの1例
    (第49回 腹部救急医学会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2009 慶應義塾大学 医学部医学科 卒業
  • 2014 - 2019 慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程 卒業
学位 (1件):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
経歴 (8件):
  • 2010/04 - 2012/03 稲城市立病院 初期臨床研修医(基幹型)
  • 2012/04 - 2013/03 足利赤十字病院 後期研修医
  • 2013/04 - 2014/03 東京歯科大学市川総合病院 後期研修医
  • 2014/04 - 2016/03 慶應義塾大学医学部 専修医
  • 2016/04 - 2017/03 がん研究会有明病院 医員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/06 - 現在 西日本がん研究機構(NPO-WJOG) 常任理事会アドバイザー
  • 2019/06 - 現在 西日本がん研究機構(NPO-WJOG) 理事
  • 2019/04 - 現在 西日本がん研究機構(NPO-WJOG) 乳腺グループ若手会 代表
  • 2019/02 - 現在 日本癌治療学会がん診療ガイドライン作成・改訂委員会 G-CSF適正使用ガイドライン改訂ワーキンググループ システマティックレビューチーム委員
受賞 (2件):
  • 2017/04 - 第117回 日本外科学会 Young Investigator's Award 長期ホルモン療法の至適症例同定のための予後解析研究
  • 2013/11 - 第75回 日本臨床外科学会 忘れられないこの1例 示説ポスターAward 胃癌に対し胃全摘術後、Implantationを認めた1例
所属学会 (5件):
日本外科学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本消化器外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る