研究者
J-GLOBAL ID:201901014045307154   更新日: 2021年02月27日

大熊 敏之

オオクマ トシユキ | Okuma Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (8件): 美学、芸術論 ,  美術史 ,  観光学 ,  地域研究 ,  博物館学 ,  文化財科学 ,  建築史、意匠 ,  デザイン学
研究キーワード (6件): 日欧近世近現代美術交流史 ,  美術批評史 ,  蒐集論、展示論、地域文化資源政策論 ,  工芸・デザイン、文様・図案、日本伝統造型技芸(書・生花・茶道・盆栽) ,  室内装飾、街頭装飾 ,  彫塑・置物・人形・フィギュア・摸型・こけし・剥製・標本
論文 (89件):
  • 大熊敏之. 銅器の美-日本の名作、珍品を通じて. 日本銅学会誌 銅と銅合金. 2018. 57. 7-12
  • 大熊敏之. 工芸なのか? 彫刻なのか?-山田宗美の『置物』をめぐって. 「没後100年 鉄打出の名工 山田宗美展-鉄に生命を吹き込んだ男 展」カタログ. 2016. 76-81
  • 大熊敏之. 米原雲海と日本近代彫刻史. 「米原雲海 彫刻 展」 図録. 2014. 20-29
  • 大熊敏之. 高岡の「工芸」は、観光資源になり得るのか-地域文化資源政策論序説. 高岡芸術文化都市構想 都萬麻 03. 2014. 3. 20-40
  • 大熊敏之. 工芸を活かす・工芸と工芸を結びつける-文化資源学的視点からの一提案. 平成23年度 文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業[名古屋陶磁と文化のみち]関連論文集-資料編. 2012. 20-33
もっと見る
MISC (53件):
  • 大熊敏之. 日本大学芸術学部・芸術資料館所蔵の大石膏像. 令和元年度 日本大学芸術学部・芸術資料館所蔵品 絵葉書解説書. 2020
  • 大熊敏之. 大石膏像について-髭の奴隷、若い奴隷、フィレンツェのピエタ、パレストリーナのピエタ、サモトラケのニケ. 「日本大学藝術学部美術学科 大石膏像設置記念展」リーフレット. 2019. 2-4
  • 大熊敏之. 北陸の工芸さまざま-新潟・富山・石川・福井. 2019年度 日本海学講座. 2019. 第1回
  • 大熊敏之. 工芸の美・しつらえの美-空間芸術としての茶事. 平成30年度 表千家富山県支部 会報. 2019. 4-6
  • 大熊敏之. 伊藤小坡《虫売之図屏風》-いにしえの虫売り、小室翠雲《山水墨彩》-偉大なる革新者、横山大観《飛泉》-懐かしき画題、小野竹喬《春秋》-一服の清涼剤. 「イセコレクション屛風名作 展」 図録. 2017. 11、15、17、41
もっと見る
書籍 (25件):
  • もっと知りたい 横山大観の世界[監修・共著]
    宝島社 2018
  • 平成27年 高岡御車山祭 大熊教授の工芸品解説[監修・解説出演]
    高岡ケーブル・ネットワーク株式会社 2015
  • FORM-SCENERY SEEN THROUGH BONSAI RYO OHWADA[論考執筆]
    深水社 2011
  • 美術史の余白に-工芸・アルス・現代美術[共著]
    美学出版 2008
  • 週刊朝日百科 人間国宝 53 工芸技術・金工5 彫金 海野清、内藤四郎、鹿島一谷、増田三男[分担執筆]
    朝日新聞社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 銅器の美とは何か-日本の名作・珍品を通じて
    (平成29年度 日本銅学会 講演大会 2017)
  • 富山のものづくり
    (人類働態学会 全国大会 2016)
  • Prospective and Educational Significance of a Practical Educational Program Involving Exhibitions Utilizing Cultural Resources Owned by the University
    (The Inclusive Museum Conference 2015 2015)
  • シンポジウム「名古屋陶磁の未来を展望する」基調講演「工芸を活かす・工芸と工芸を結びつける-文化資源学の一視点」
    (シンポジウム「名古屋陶磁の未来を展望する」 2012)
  • 自然との距離感-環境芸術のアプローチ
    (環境芸術学会 全国大会 2010)
もっと見る
学位 (1件):
  • 文学士 (早稲田大学)
経歴 (15件):
  • 2019/04/01 - 日本大学 芸術学部美術学科 教授
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 日本大学 芸術学部 非常勤講師
  • 2011/04/01 - 2019/03/31 国立大学法人 富山大学大学院 芸術文化学研究科 准教授→教授
  • 2011/04/01 - 2019/03/31 国立大学法人 富山大学大学院 芸術文化学研究科 准教授→教授
  • 2002/04/01 - 2019/03/31 日本大学大学院 芸術学研究科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 富山大学収蔵美術品評価作業 鑑定人
  • 2008/11/01 - 2019/03/31 高岡市文化財総合的モデル事業委員会 委員
  • 2005/12/01 - 2019/03/31 高岡市町並み保存・都市景観審議会 委員
  • 2005/12/01 - 2019/03/31 高岡市景観計画策定委員会 委員
  • 2019/02 - 富山県水墨美術館 収蔵作品評価委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1992/12/02 - 公益信託倫雅美術奨励基金 第4回倫雅美術奨励賞 美術史研究・評論部門(美術史研究)
所属学会 (4件):
家具道具室内史学会 ,  日本建築学会 ,  日本デザイン学会 ,  美術史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る