研究者
J-GLOBAL ID:201901015423859795   更新日: 2020年12月04日

中村 好則

Nakamura Yoshinori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
論文 (56件):
  • 中村好則, 佐々木全, 小田島新, 佐々木亘, 藤井雅文, 工藤真以. 中学校理科・数学科におけるアクティブ・ラーニングの開発と評価(数学編)-ICTを活用したアクティブ・ラーニングの授業設計-. 岩手大学教育学部プロジェクト推進支援事業教育実践研究論文集. 2019. 6. 109-116
  • 中村好則, 佐々木全, 小田島新. 特別な支援が必要な生徒が多く在籍する高校での数学指導に関する調査研究-対話型アクティブ・ラーニングによる支援の現状と課題-. 岩手大学教育学部研究年報. 2019. 78. 1-21
  • 中村好則, 本田卓, 山崎友子, ホールジェームス. タイのPIM附属校における海外数学教育実習の概要と成果. 数学教育学会誌. 2018. 59. 1・2. 31-42
  • 中村好則. ICT活用による数学と実社会との関わりを意識した指導の可能性~「同じ高さに見える位置」と「アポロニウスの円」の関連を題材に~. 岩手大学教育学部研究年報. 2018. 77. 121-132
  • 中村好則, 佐々木亘, 藤井雅文, 山本一美, 佐藤真, 楢木航平, 伊東晃. 中学校理科・数学科におけるアクティブ・ラーニングの開発と評価(算数・数学編)-Sphero SPRKを活用したアクティブ・ラーニングの授業設計-. 岩手大学教育学部プロジェクト推進支援事業教育実践研究論文集. 2018. 5. 22-29
もっと見る
MISC (16件):
  • 中村好則. 高校における数学学習のつまずきと支援に関する研究-「データの分析」の学習内容の理解に焦点を当てて-. 岩手大学大学院教育学研究科研究年報. 2019. 3. 185-206
  • 中村好則. 算数・数学教育におけるICT活用の目的的側面の現状と課題-デジタルコンテンツに焦点を当てて-. 岩手大学教育学部教育実践総合センター研究紀要. 2019. 18. 21-30
  • 中村好則. 数学と日常事象との関連を意識したICT活用による実験型アプローチ-「水温の変化」の問題を題材に-. 岩手大学大学院教育学研究科研究年報. 2018. 2. 1-13
  • 中村好則. 中学校数学科におけるICT活用とアクティブ・ラーニングの視点を取り入れた授業づくり-GeoGebraとTi-Nspire+CBRの活用事例を通して-. 岩手大学教育学部教育実践総合センター研究紀要. 2018. 17. 11-19
  • 中村好則. 真正の課題を活用した「図形の合同」の指導に関する考察-「合いカギを探せ」を題材にした指導事例の提案-. 岩手大学大学院教育学研究科研究年報. 2017. 1. 141-155
もっと見る
書籍 (1件):
  • 特別支援教育におけるATを活用したコミュニケーション支援(共著)
    ジアース教育新社 2010
講演・口頭発表等 (45件):
  • Teaching Approaches Using Graphing Caluculator in the classroom for the Hearing-Impaired Student
    (The Third Asian Technology Conference in Mathematics(ATCM98))
  • The Uses of Dynamic Tools in Communicating Structured Mathematical Concepts
    (9th International Congress on Education of the Deaf(ICED2000))
  • 聾学校の授業における動的教材の活用とその効果
    (日本特殊教育学会第38回大会)
  • 聾学校におけるインターネットを活用した共同学習の可能性と課題
    (日本数学教育学会第83回総会)
  • ろう学校数学科における基礎的内容の発展的扱いについて
    (ろう教育科学会第45回大会)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る