研究者
J-GLOBAL ID:201901015433453045   更新日: 2019年09月02日

森石 武史

Moriishi Takeshi
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2021 オステオカルシンノックアウトマウスを用いた骨および糖代謝制御の解明
  • 2015 - 2018 増殖および抗アポトーシス因子の骨芽細胞特異的過剰発現マウスを用いる骨量増加の試み
  • 2012 - 2015 骨細胞ネットワークを介したメカニカルストレス応答遺伝子の探索
  • 2010 - 2012 アポトーシス抑制遺伝子Bcl-X_Lの骨の形成及び維持における機能解明
  • 2008 - 2010 力学的負荷変動時に、骨細胞で制御される骨芽細胞を介した破骨細胞活性化因子の探索
全件表示
論文 (23件):
  • Yang Mengyu, Arai Atsushi, Udagawa Nobuyuki, Hiraga Toru, Zhao Lijuan, Ito Susumu, Komori Toshihisa, Moriishi Takeshi, Matsuo Koichi, Shimoda Kouji, Zahalka Ali H., Kobayashi Yasuhiro, Takahashi Naoyuki, Mizoguchi Toshihide. Osteogenic Factor Runx2 Marks a Subset of Leptin Receptor-Positive Cells that Sit Atop the Bone Marrow Stromal Cell Hierarchy. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 4928
  • Moriishi Takeshi, Fukuyama Ryo, Miyazaki Toshihiro, Furuichi Tatsuya, Ito Masako, Komori Toshihisa. Overexpression of BCLXL in Osteoblasts Inhibits Osteoblast Apoptosis and Increases Bone Volume and Strength. JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2016. 31. 7. 1366-1380
  • Miyazaki Toshihiro, Baba Tomomi T., Mori Masako, Moriishi Takeshi, Komori Toshihisa. Microtubule-associated protein tau (Mapt) is expressed in terminally differentiated odontoblasts and severely down-regulated in morphologically disturbed odontoblasts of Runx2 transgenic mice. CELL AND TISSUE RESEARCH. 2015. 361. 2. 457-466
  • Qin Xin, Jiang Qing, Matsuo Yuki, Kawane Tetsuya, Komori Hisato, Moriishi Takeshi, Taniuchi Ichiro, Ito Kosei, Kawai Yosuke, Rokutanda Satoshi, Izumi Shinichi, Komori Toshihisa. Cbfb Regulates Bone Development by Stabilizing Runx Family Proteins. JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2015. 30. 4. 706-714
  • Yoshida Carolina Andrea, Kawane Tetsuya, Moriishi Takeshi, Purushothaman Anurag, Miyazaki Toshihiro, Komori Hisato, Mori Masako, Qin Xin, Hashimoto Ayako, Sugahara Kazuyuki, Yamana Kei, Takada Kenji, Komori Toshihisa. Overexpression of Galnt3 in Chondrocytes Resulted in Dwarfism Due to the Increase of Mucin-type O-Glycans and Reduction of Glycosaminoglycans. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2014. 289. 38. 26584-26596
もっと見る
MISC (22件):
  • 姜 晴, 秦 Xin, 宮崎 敏博, 福山 亮, 小守 寿人, 森石 武史, 伊藤 公成, 小守 壽文. 日本と韓国の骨代謝研究における基礎・臨床の最近のトピックス Runx2は骨芽細胞分化後の骨基質蛋白質遺伝子発現に必要である. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36回. 101-101
  • 森田純晴, 松永智, 森石武史, 阿部伸一, 山口朗. アフリカツメガエル長管骨の造血は骨芽細胞性ニッチ優位に維持されている. 日本骨形態計測学会雑誌. 2017. 27. 1. S110-S110
  • 秦 Xin, 姜 晴, 宮崎 敏博, 森石 武史, 小守 寿人, 小守 壽文. Runx2による頭蓋冠形成制御機構. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36回. 151-151
  • 森石武史, 小守壽文. 動物モデルからみたステロイド骨粗鬆症のメカニズム-骨細胞のアポトーシスと骨芽細胞の分化抑制. 月刊リウマチ科. 2016. 55. 2. 240-244-244
  • 森石武史, 小笹良輔, 中野貴由, 宮崎敏博, 小守壽文. オステオカルシンはアパタイト結晶のコラーゲン線維に沿った配向に必須であり,長軸方向の骨強度を維持する. 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018. 36th. 163-163
もっと見る
特許 (2件):
受賞 (1件):
  • 2018/08 - 日本骨代謝学会 第36回日本骨代謝学会学術集会 優秀ポスター賞 オステオカルシンはアパタイト結晶のコラーゲン線維に沿った配向に必須であり、長軸方向の骨強度を維持する
所属学会 (2件):
歯科基礎医学会 ,  日本骨代謝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る