研究者
J-GLOBAL ID:201901015561653804   更新日: 2020年10月07日

津田 恭充

ツダ ヒサミツ | Tsuda Hisamitsu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 社会心理学 ,  臨床心理学
研究キーワード (6件): 自己意識 ,  潜在連合テスト ,  パラノイア ,  強み ,  潜在的認知 ,  認知バイアス
論文 (25件):
  • 津田 大希, 津田 恭充. 不正行為認知者の人数と権威の強さ及び内部告発者への報復に対する罰則の有無が内部告発意図に及ぼす影響. 人間環境学研究. 2020. 18. 1. 3-8
  • 島井哲志, 津田恭充. ポジティブ心理学でメンタルヘルスを維持しよう. 主任看護師. 2019. 29. 49-55
  • 伊藤義美・津田恭充・高沢佳司・山﨑暁・大島利伸・岡田敦史・小黒大地. セルプヘルプ・フォーカシングに関する研究-心のつぼフォーカシング(KTF)の場合. 人間環境大学付属臨床心理相談室紀要. 2019. 13. 59-66
  • 伊藤義美・高沢佳司・津田恭充・山崎暁・大島利伸・小黒大地. セルフヘルプ法としての心の風景天気図フォーカシング(VOMF)の検討. 人間と環境 電子版. 2019. 17. 9-21
  • Takasawa, K, Kaneda, M, Tsuda, H. Psychological distance reduces structure-bound experiencing and emotional reactivity. Person-Centered & Experiential Psychotherapies. 2019. 18. 66-84
もっと見る
MISC (1件):
  • 津田 恭充. 移り行く時代の中での心理学教育. 心理学ワールド. 2019. 86. 30-31
書籍 (3件):
  • ポジティブ精神医学
    金剛出版 2018
  • 読んでわかる教育心理学
    サイエンス社 2018 ISBN:9784781914244
  • ポジティブ心理学を味わう: エンゲイジメントを高める25のアクティビティ
    北大路書房 2017 ISBN:4762829889
学歴 (3件):
  • 2005 - 2011 名古屋大学大学院 社会環境学専攻(博士後期課程)
  • 2003 - 2005 名古屋大学大学院 社会環境学専攻(博士前期課程)
  • 1999 - 2003 名古屋大学 社会システム情報学科
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 関西福祉科学大学 心理科学部 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 関西福祉科学大学 心理科学部 講師
  • 2012/04 - 2016/03 愛知学泉大学 家政学部 講師
  • 2011/04 - 2012/03 名古屋大学大学院 環境学研究科 博士研究員
委員歴 (5件):
  • 2018/08 - 現在 日本パーソナリティ心理学会 編集委員
  • 2008/07 - 2016/03 東海相談学会 理事
  • 2013 - 日本カウンセリング学会 第47回大会事務局長
  • 2008/07 - 2011/03 東海相談学会 事務局長
  • 2008 - 東海心理学会 第47回大会準備委員
受賞 (2件):
  • 2020/09 - 発達科学研究教育奨励賞
  • 2012 - 日本カウンセリング学会 奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る