研究者
J-GLOBAL ID:201901015681824076   更新日: 2021年09月29日

西山 今日子

Nishiyama Kyoko
所属機関・部署:
職名: 医員
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  外科系歯学
研究キーワード (3件): 再生医療 ,  口腔腫瘍 ,  口腔外科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2022 口腔癌の浸潤・転移メカニズムにおける歯周病原菌の役割の解明
論文 (6件):
  • Hamada M, Inaba H, Nishiyama K, Yoshida S, Yura Y, Matsumoto-Nakano M, Uzawa N. Prognostic association of starvation-induced gene expression in head and neck cancer. Scientific Reports. 2021. 11. 19130
  • Masakazu Hamada, Rena Okawa, Kyoko Nishiyama, Ryota Nomura, Narikazu Uzawa, Kazuhiko Nakano. Compound Odontoma Removed by Endoscopic Intraoral Approach: Case Report. Dentistry Journal. 2021. 9. 7. 81-81
  • 元木彩子, 濱田正和, 西山今日子, 清水英孝, 由良義明, 鵜澤成一. 入院下に埋伏智歯 抜歯を行ったグルコーストランスポーター1欠損症患者の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2020. 66. 8. 366-370
  • Nishiyama K, Akagi T, Iwai S, Akashi M. Construction of Vascularized Oral Mucosa Equivalents Using a Layer-by-Layer Cell Coating Technology. Tissue Eng Part C Methods. 2019. 25. 262-275
  • Hamada M, Shimizu H, Takasu A, Nishiyama K, Yura Y. Piezosurgery for intraosseous venous malformation of the mandible: A case report. Ann Maxillofac Surg. 2018. 8. 333-336
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • Prognostic association of starvation-induced genes in head and neck cancer based on analysis of TCGA data
    (第80回日本癌学会学術総会 2021)
  • 口腔におけるヘリコバクター・ピロリ菌と歯周病原性 細菌の分布
    (第75回口腔科学会 2021)
  • TCGAデータの解析に基づく口腔癌におけるSphK1、2 and CERKの標的化
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • ヒト生体組織を模倣した三次元組織体を用いた口腔扁平上皮癌の浸潤能の解析
    (第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020)
  • 細胞コーティング技術を用いた脈管系を 含む三次元培養口腔粘膜モデルの構築
    (第18回日本再生医療学会総会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (大阪大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る