研究者
J-GLOBAL ID:201901015712063710   更新日: 2020年05月31日

田中 紫茉子

Tanaka Shimako
論文 (4件):
  • Takano H, Uchida S, Kashiwagura Y, Tanaka S, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, Namiki N. Preparation of Cocoa Powder-Containing Orally Disintegrating Tablets of Rebamipide (Rebamipide Chocolet) and Evaluation of Their Clinical Palatability. Chemical & pharmaceutical bulletin. 2019. 67. 2. 112-119
  • Yasumuro O, Uchida S, Kashiwagura Y, Suzuki A, Tanaka S, Inui N, Watanabe H, Namiki N. Changes in gefitinib, erlotinib and osimertinib pharmacokinetics under various gastric pH levels following oral administration of omeprazole and vonoprazan in rats. Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems. 2018. 48. 11. 1106-1112
  • Nakagaki F, Uchida S, Tanaka S, Namiki N. Palatability and Preference of Gummi Formulations with Various Pharmaceutical Characteristics. Chemical & pharmaceutical bulletin. 2018. 66. 4. 452-457
  • Katayama T, Uchida S, Kamiya C, Tanaka S, Kashiwagura Y, Hakamata A, Odagiri K, Inui N, Watanabe H, Namiki N. In Vivo Drug Dissolution in Human Oral Cavity from Orally Disintegrating Tablet and Comparability with in Vitro Testing. Chemical & pharmaceutical bulletin. 2018. 66. 10. 999-1005
MISC (8件):
  • 田中 紫茉子. 1滴の血で薬物代謝酵素活性を評価. ファルマシア. 2015. 51. 2. 163-163
  • 桜田 なつき, 田中 紫茉子, 笹野 知海, 内田 信也, 並木 徳之. 土-10-O15-15 ラットカクテル試験における制吐薬による薬物相互作用の検討(薬物相互作用,一般演題(口頭)15,再興、再考、創ろう最高の医療の未来). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2013. 23
  • 田中 紫茉子, 内田 信也, 宮川 幸子, 乾 直輝, 竹内 和彦, 渡邉 裕司, 並木 徳之. P2-382 肺動脈性肺高血圧症患者におけるsildenafil,bosentan,tadalafil及びambrisentanの血漿中濃度の同時定量法の検討(薬物動態・TDM・投与設計,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!). 日本医療薬学会年会講演要旨集. 2012. 22
  • 内田 信也, 田中 紫茉子, 乾 直輝, 竹内 和彦, 渡邉 裕司, 大橋 京一, 並木 徳之. 薬物相互作用検出のための in vivo でのラットおよび健常人対象試験. 臨床薬理 = Japanese journal of clinical pharmacology. 2012. 43. 4. 263-264
  • 内田 信也, 田中 紫茉子, 乾 直輝, 竹内 和彦, 渡邉 裕司, 大橋 京一, 並木 徳之. 6.薬物相互作用検出のためのin vivoでのラットおよび健常人対象試験. 臨床薬理. 2012. 43. 4. 263-264
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る