研究者
J-GLOBAL ID:201901015841851164   更新日: 2020年06月03日

神岡 直美

カミオカ ナオミ | Kamioka Naomi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 胎児医学、小児成育学
論文 (6件):
  • Kobayashi S, Yokoi K, Kamioka N, Hamajima N, Ban K, Kodama H, Suzuki S. A severe case of Menkes disease with repeated bone fracture during the neonatal period, followed by multiple arterial occlusion. Brain & development. 2019. 41. 10. 878-882
  • 千代田 瞳, 側島 健宏, 神岡 直美, 濱嶋 直樹, 村松 幹司, 伊藤 康彦, 鈴木 悟. サイトカインプロファイルが鑑別診断に有用であった川崎病の13歳男児例. 名古屋市立病院紀要. 2019. 41. 51-54
  • 水野 奈々, 小林 悟, 吉田 智也, 神岡 直美, 濱嶋 直樹, 村松 幹司, 鈴木 悟. 頭痛を初発症状とし項部硬直を呈したGuillain-Barre症候群. 日本小児科学会雑誌. 2018. 122. 3. 650-655
  • Ashikari Y, Kobayashi S, Tago A, Yoneyama M, Ito M, Fukuda K, Mizuno Y, Tsunoda Y, Shimizu S, Yokoi K, Kamioka N, Hamajima N, Suzuki S. A case of Guillain-Barré syndrome with meningeal irritation. Brain & development. 2016. 38. 1. 163-166
  • 野村 孝泰, 神田 康司, 加藤 泰輔, 側島 健宏, 森下 雄大, 杉浦 至郎, 須田 裕一郎, 近藤 慕子, 神岡 直美, 田中 秀典, 水野 美穂子, 寺田 明彦. 共通プロトコルを用いた食物経口負荷試験ネットワークの構築. 日本小児アレルギー学会誌. 2015. 29. 3. 260-269
もっと見る
書籍 (1件):
  • 総合小児医療 専門医が答えるアレルギー疾患Q&A
    中山書店 2016
学歴 (1件):
  • 1988 - 1994 国立福井医科大学 医学部
経歴 (6件):
  • 2012/04 - 現在 名古屋市立西部医療センター 部長
  • 1994/04 - 現在 名古屋市立大学 研究員
  • 2009/04 - 2012/03 名古屋市立城北病院
  • 2004/04 - 2009/03 NTT西日本東海病院
  • 1996/04 - 2004/03 名古屋市立東市民病院
全件表示
所属学会 (3件):
日本小児科学会 ,  日本アレルギー学会 ,  小児アレルギー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る