研究者
J-GLOBAL ID:201901015956740005   更新日: 2020年11月10日

田中 登美

タナカ トミ | Tanaka Tomi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (4件): 専門看護師 ,  がん化学療法看護 ,  がん看護 ,  看護
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - がん治療中のせん妄の発症予防を目指した多職種せん妄プログラムの開発
  • 2016 - 2019 一般市民を対象とした乳がん検診率向上と受療行動を促すアプローチ方法の開発と促進
  • 2016 - 2019 がん治療中のせん妄の発症予防を目指した多職種せん妄プログラムの開発
  • 2006 - 2007 自施設のとその診療圏におけるがん患者及びその家族に対する「緩和ケア」「地域連携」の現状と課題
  • 2003 - 2005 近畿管内がん基幹病院及び専門病院に勤務する看護師のがんネットワーク教育プログラムの開発
論文 (13件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • がん化学療法ケアガイド 第3版 治療開始前からはじめるアセスメントとセルフケア支援
    中山書店 2020
  • DELTAプログラムによるせん妄対策
    医学書院 2019
  • 認知症 plus がん看護 治療の流れに沿ったせん妄・認知機能障害のケア
    日本看護協会出版会 2019
  • 認知症をもつがん患者のケア
    南江堂(がん看護) 2019
  • 看護職・看護学生のための「痛みケア」
    PILAR PRESS 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 糖尿病看護に専門性をもつ看護師が捉えたがんと糖尿病を併せ持つ患者に対する支援上の困難
    (第33回日本がん看護学会学術集会 2019)
  • がん看護に専門性をもつ看護師が捉えた糖尿病を併せ持つ患者に対する支援上の困難
    (第33回日本がん看護学会学術集会 2019)
  • A qualitative study on necessary for nursing diabetes patients with cancer from the viewpoint of nurses specializing in diabetes
    (The 4th International Conference on Prevention and Management of Chronic Conditions : Innovations in Nursing Practice, Education, and Research 2019)
  • 糖尿病看護に専門性をもつ看護師が捉えた糖尿病とがんを併せ持つ患者像
    (第38回日本看護科学学会学術集会 2018)
  • がん看護に専門性をもつ看護師が捉えた糖尿病とがんを併せ持つ患者像
    (第38回日本看護科学学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 2016 大阪府立大学大学院 療養支援看護学専攻
  • 2000 - 2002 大阪府立看護大学大学院 CNSコース(がん看護学専攻)
  • 1994 - 1998 近畿大学 法律学科
  • 1981 - 1984 国立泉北病院病院附属看護学校
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (大阪府立大学大学院)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 奈良県立医科大学 医学部看護学科 教授
  • 2014/04 - 2019/03 兵庫医療大学 看護学部 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 甲南女子大学 看護学部 准教授
  • 2009/04 - 2012/03 大阪府立大学 看護学部 講師
  • 2007/04 - 2009/03 近大姫路大学 看護学部 講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2010 - 現在 NPO法人キャンサーリボンズ 委員
  • 2012 - 2018 NPO法人泉州がんネットワーク 委員
  • 2011 - 2018 NPO法人近畿がん診療推進ネットワーク 理事
所属学会 (6件):
日本在宅医療連合学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本がん看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る