研究者
J-GLOBAL ID:201901016014818153   更新日: 2024年04月24日

山田 建太

Yamada Kenta
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 環境影響評価
研究キーワード (1件): 環境分析化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2023 - 2024 浄化槽処理水に起因する河川へのマイクロプラスチック負荷量の推定
  • 2018 - 2021 ビスフェノールSの塩素置換体による水環境汚染の実態解明
  • 2015 - 2017 富士地域周辺の特産品から抽出した機能性成分を用いた薬液処方の開発
  • 2014 - 2015 有機リン殺虫剤から生じるS-aryl異性体のヒト由来コリンエステラーゼ阻害活性評価
  • 有機リン系農薬有効成分の光異性化に起因する新たな影響評価
論文 (8件):
MISC (6件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 産学官連携の実践と展望-常葉大学冨士キャンパスを中心とした取り組み-
    和泉出版,常葉大学冨士キャンパス産学官連携研究会編 2017 ISBN:9784906840175
講演・口頭発表等 (19件):
  • 静岡市を流域とする巴川水系におけるマイクロプラスチックと水質汚濁物質の負荷源の推定
    (第58回日本水環境学会年会 2024)
  • 静岡市の市街地を流れる巴川におけるマイクロプラスチック調査
    (環境化学物質3学会合同大会(第31回環境化学討論会) 2023)
  • 幼児の科学的好奇心を深めるための教育方法の検討
    (日本子ども学会学術集会第18回子ども学会議 2022)
  • 静岡市の市街地を流れる河川におけるマイクロプラスチック調査
    (第25回水環境学会シンポジウム 2022)
  • 感熱紙由来化学物質の沿岸域における分布状況
    (環境化学物質3学会合同大会 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 環境物質科学専攻 博士後期課程
  • 2005 - 2007 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 環境物質科学専攻 博士前期課程
  • 2001 - 2005 富士常葉大学 環境防災学部
学位 (1件):
  • 博士(環境科学) (静岡県立大学)
経歴 (5件):
  • 2022/04 - 現在 常葉大学 社会環境学部 准教授
  • 2016/04 - 2022/03 常葉大学 社会環境学部 講師
  • 2013/04 - 2016/03 常葉大学 社会環境学部 助教
  • 2012/04 - 2013/03 富士常葉大学 社会環境学部 助教
  • 2010/04 - 2012/03 財団法人静岡県生活科学検査センター 技術部
委員歴 (3件):
  • 2023/04 - 現在 日本水環境学会 身近な生活環境委員会 幹事(会計)
  • 2022 - 現在 富士市入札監視委員会委員
  • 2020 - 現在 一般財団法人静岡市環境公社 評議員
受賞 (1件):
  • 2009/06 - 日本環境化学会 第18回環境化学討論会プレゼンテーション賞 殺虫剤temephosの光分解と変換生成物のエストロゲン受容体作用能評価
所属学会 (3件):
室内環境学会 ,  日本水環境学会 ,  日本環境化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る