研究者
J-GLOBAL ID:201901016016756155   更新日: 2021年02月17日

藤本 直生

フジモト ナオキ | Fujimoto-Adamson Naoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (11件): 学術出版 ,  学術目的のための英語 ,  教授言語としての英語 ,  卒論指導 ,  社会言語学 ,  談話分析 ,  言語民俗誌学 ,  ティームティーチング ,  アカデミック ライティング ,  バイリンガル教授法 ,  ナラティヴ
論文 (11件):
  • John Adamson, Howard Brown, Naoki Fujimoto-Adamson. Co-construction and understanding of self-access through conversational narrative. SiSAL (Studies in Self Access Learning). 2020. 1. 3. 173-188
  • John Adamson, David Coulson, Naoki Fujimoto-Adamson. Supervisory practices in English-medium undergraduate and postgraduate applied linguistics thesis writing: Insights from Japan-based tutors. Asian Journal of Applied Linguistics. 2019. 6. 1. 14-27
  • From EFL to EMI: Hybrid practices in English as a medium of instruction in Japanese tertiary contexts. Key Issues in English for Specific Purposes in Higher Education. 2018. 201-221
  • John Adamson, Naoki Fujimoto-Adamson. Sustaining reviewing quality: Induction, mentoring, and community. ESBB (English Scholarship Beyond Borders). 2016. 2. 1. 29-57
  • John Adamson, Naoki Fujimoto-Adamson. ‘I was in their shoes’: Sifting perceptions of editorial roles and responsibilities. ESBB (English Scholarship Beyond Borders). 2015. 1. 1. 109-142
もっと見る
MISC (6件):
  • Fujimoto-Adamson Naoki. An Analysis of Spoken Discourse of a Movie : Bend It Like Beckham. 新潟国際情報大学国際学部紀要 = NUIS journal of intenational studies. 2015. 0. 115-126
  • Adamson John Lindsay, Brown Howard, Fujimoto-Adamson Naoki. Archiving Self-Access : Methodological considerations. Asian EFL Journal. 2011. 13. 2. 11-33
  • 藤本 アダムソン 直生, 藤本 アダムソン 直生. 日本文ティームティーチングに関するクラスルームに基づいた量的・質的研究の比較. 信州豊南短期大学紀要. 2009. 26. 15-48
  • 藤本 Adamson 直生. Comparing team-teaching studies to formulate an appropriate research methodology. JACET中部支部紀要. 2005. 3. 37-57
  • 藤本 アダムソン 直生. 研究手法とデータ分析におけるティームティーチングに関する研究の比較. JACET全国大会要綱. 2004. 43. 212-213
もっと見る
書籍 (2件):
  • ブローバル化とティームティーチングにあたえる影響
    2020 ISBN:9781527548336
  • Key issues in English for specific purposes in higher education
    Springer 2018 ISBN:9783319702131
講演・口頭発表等 (2件):
  • グローバルな視点からティームティーチングとコミュニケーションを考える
    (令和2年度 長野県外国語指導助手(ALT)指導力等向上研修 2020)
  • Globalisation and Its Effects on Team-Teaching
    (Asian EFL Journal Group's International Virtual TESOL Conference 2020)
学位 (2件):
  • M.Ed. (Master of Education) (University of Leicester, UK)
  • MA in English Language Teaching (University of Essex, UK)
経歴 (3件):
  • 2014/09 - 現在 新潟国際情報大学 国際学部 准教授
  • 2014/04 - 2014/08 新潟県立大学 国際地域学科 非常勤講師
  • 2009/04 - 2013/03 新潟県立大学 非常勤嘱託員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る