研究者
J-GLOBAL ID:201901016415499581   更新日: 2019年11月15日

廣井 慧

ヒロイ ケイ | HIROI Kei
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://k-hiroi.net/http://k-hiroi.net/
研究分野 (3件): 統計科学 ,  ウェブ情報学・サービス情報学 ,  地理学
研究キーワード (2件): 時空間解析 ,  水害解析・予測
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 データ同化を利用した氾濫予測に基づく通行不可能な道路予測マップの開発
  • 2018 - 2019 屋内空間での行動目的を推定するIoTデバイスの開発
  • 2018 - 2021 異種データを用いた浸水予測の時空間解析手法の研究開発
  • 2016 - 2017 耐災害システムの評価を目的とした浸水シミュレーションの開発
  • 2015 - 2018 浸水の実観測データに基づいた自律的な避難経路予測の実現とその情報提供
全件表示
論文 (14件):
  • 玉森 聡, 石黒 祥生, 廣井 慧, 河口 信夫, 武田 一哉. 高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験. 情報処理学会論文誌 コンシューマ・デバイス&システム. 2019. 9. 2. 1-14
  • 今井 瞳,廣井 慧,河口 信夫. バス運行実績データの分析に基づく到着時刻予測モデルの提案と精度検証. 情報処理学会論文誌. 2019. 60. 1. 101-167
  • 浦野 健太,廣井 慧,梶 克彦,河口 信夫. 配布型BLEタグとタンデムスキャナを用いた屋内位置推定手法. 情報処理学会論文誌. 2019. 60. 1. 58-75
  • Kosuke Watanabe, Kei Hiroi, Takeshi Kamiyama, Hiroyuki Sano, Masakatsu Tsukamoto, Masaji Katagiri, Daizo Ikeda, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi. A Smartphone 3D Positioning Method using a Spinning Magnet Marker. 情報処理学会論文誌. 2019. 60. 1. 1882-7764
  • Yuki Yuta, Nozaki Junto, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo. Activity Recognition Using Dual-ConvLSTM Extracting Local and Global Features for SHL Recognition Challenge. International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2018, SHL Recognition Challenge) in THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIU. 2018. 1643-1651
もっと見る
MISC (33件):
  • Kei Hiroi, Takahiro Yoshida, Yoshiki Yamagata, Nobuo Kawaguchi. Flood Area Estimation using Personal Location Data, Case Study of Japan Floods in 2018. The Fourth IEEE International Workshop on Pervasive Context-Aware Smart Cities and Intelligent Transportation Systems (PerAwareCity'19) in conjunction with The seventeenth IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom201. 2019. 8pages
  • Kei Hiroi, Daisuke Murakami, Kazumi Kurata, Takashi Tashiro. Investigation into Feasibility of Data Assimilation Approach for Flood Level Estimation using Temporal-spatial State Space Model,. The First International Workshop on Practical Issues, Systems & Applications for Disaster Risk Reduction in Smart Computing (DRRSC 2019) in conjunction with The 6th IEEE International Conference on Big Data and Smart Computing (bigcomp2019). 2019. 8pages
  • Kei Hiroi, Daisuke Murakami, Kazumi Kurata, Takashi Tashiro. Basic Study of Flood Level Estimation in Unobserved Area using State Space Model. The 5th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM), Poster Session. 2018. 2pages
  • Murao Kazuya, Enokibori Yu, Gjoreski Hristijan, Lago Paula, Okita Tsuyoshi, Siirtola Pekka, Hiroi Kai, Scholl Philipp M. 6th International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications (HASCA). PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC'18 ADJUNCT). 2018. 1392-1395
  • Matsuyama Hitoshi, Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo. Short Segment Random Forest with Post Processing Using Label Constraint for SHL Recognition Challenge. International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2018, SHL Recognition Challenge), in THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIU. 2018. 1636-1642
もっと見る
書籍 (2件):
  • Simulation for Passengers Convenience using Actual Bus Traffic Data, Intelligent Transport Systems for Everyone's Mobility, Reviewed book chapters
    Springer 2019
  • Dynamic Arrival Time Estimation Model and Visualization Method for Bus Traffic, Intelligent Transport Systems for Everyone's Mobility, Reviewed book chapters
    Springer 2019
講演・口頭発表等 (84件):
  • 防災情報を伝達する自律分散協調システム
    (2009年WIDE夏研究会 2009)
  • 防災情報を伝達する自律分散協調システムに関する一考察~地方自治体における防災情報システムを例に~
    (日本災害情報学会 全国大会 2009)
  • インターネット基盤を用いた防災情報システムの提案
    (電子情報通信学会 IA研究会 2009)
  • インターネット基盤を用いた防災情報システムの提案
    (電子情報通信学会 IA研究会 2010)
  • 災害情報の提供を目的とした時間・位置・トレンドを考慮した環境情報クラウドの実現
    (情報処理学会 DPS研究会 2010)
もっと見る
Works (4件):
  • WIDE Project 2015年度報告書「特集7 Internet of Things in WIDE Project - 2つの実証実験を通じて -」
    2015 - 2016
  • WIDE Project 2015年度報告書「第25部 大規模な仮設ネットワークテストベッドの設計・構築とその運用」
    2015 - 2016
  • WIDE Project 2017年度報告書「大規模な仮設ネットワークテストベッドの設計・構築とその運用」
    2017 - 2018
  • 受講変動に伴う極端気象に強い都市創り(TOMACS) 気象研究ノート「レーダを用いた教育とその効果」
    2017 - 2018
学歴 (3件):
  • - 2004 東北大学 工学部 電子工学科
  • - 2011 慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科
  • - 2014 慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科
学位 (3件):
  • 博士(メディアデザイン学) (慶應義塾大学)
  • 修士(メディアデザイン学) (慶應義塾大学)
  • 学士(工学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2010/02/01 - 2014/03/31 東京都環境科学研究所 研究員
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 国立環境研究所 Research Assistant
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 名古屋大学 特任助教
  • 2016/04/01 - 2018/06/30 名古屋大学 特任助教
  • 2018/07/01 - 現在 名古屋大学 助教
委員歴 (17件):
  • 2018/04/01 - 2022/03/31 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 運営委員
  • 2018/04/01 - 2022/03/31 情報処理学会コンシューマ・デバイス&システム研究会 運営委員
  • 2017/04/01 - 2021/03/31 情報処理学会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会 運営委員
  • 2017/04/01 - 2021/03/31 WIDE project board member
  • 2019/04/01 - 2020/03/31 The 15th Asian Internet Engineering Conference, ACM Technical Program Committee member
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019/10 - 日本災害情報学会 日本災害情報学会第20回大会河田賞
  • 2017/06 - 前田記念工学振興財団 平成29年度山田一宇賞
  • 2015/05 - WIDE研究会 2015年WIDE春研究会ポスター発表優秀賞
  • 2012/12 - WIDE研究会 2012年WIDE冬研究会ポスター発表金賞
  • 2012/11 - インターネットコンファレンス2012 ポスタープレゼンテーション賞
全件表示
所属学会 (4件):
情報処理学会 ,  交通工学研究会 ,  土木学会 ,  災害情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る