研究者
J-GLOBAL ID:201901016458615429   更新日: 2020年08月31日

曽我部 篤

Sogabe Atsushi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (4件): 配偶システム ,  魚類 ,  進化 ,  行動生態学
論文 (6件):
  • Endo Takehiro, Sekino Masashi, Fujiwara Atushi, Sogabe Atsushi. Development and characterization of 19 novel microsatellite markers in the Pacific seaweed pipefish Syngnathus schlegeli using next-generation sequencing. MOLECULAR BIOLOGY REPORTS. 2018. 45. 6. 2831-2834
  • Spatial variation of carbon and nitrogen stable isotope ratios in Japanese anchovy, Engraulis japonicus, in the eastern Seto Inland Sea, Japan. Aquaculture science. 2016. 64. 333-338
  • Estimating the mode of egg production in the spotted seahorse Hippocampus kuda to establish optimal captive breedign conditions. Aquaculture Science. 2014. 62. 199-201
  • The ovarian structure and mode of egg production in two polygamous pipefishes: a link to mating pattern. Journal of Fish Biology. 2011. 78. 1833-1846
  • Sogabe Atsushi, Yanagisawa Yasunobu. Sex-role reversal of a monogamous pipefish without higher potential reproductive rate in females. PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES. 2007. 274. 1628. 2959-2963
もっと見る
MISC (32件):
  • 遠藤赳寛, 關野正志, 藤原篤志, 曽我部篤. ヨウジウオSyngnathus schlegeliにおける配偶システムの地域間変異. 日本魚類学会年会講演要旨. 2018. 51st. 100
  • 小林寛卓, 加納光樹, 古屋康則, 桑原正樹, 鬼倉徳雄, 杉山秀樹, 曽我部篤. 日本国内におけるクルメサヨリの遺伝的個体群構造. 日本魚類学会年会講演要旨. 2018. 51st. 121
  • 笹平素生, 小北智之, 古川亮平, 太田耕平, 清水園子, 曽我部篤. 一夫一妻魚イシヨウジにおけるペアボンド維持行動の神経内分泌基盤の探索. 日本魚類学会年会講演要旨. 2018. 51st. 101
  • 高辻貴一, 曽我部篤. 海洋投棄された廃タイヤによるヤドカリのゴーストフィッシング. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2017. 64th. ROMBUNNO.P1-D-149 (WEB ONLY)
  • 畑啓生, 曽我部篤, 川西亮太. 魚類絶対寄生性のウオノエ科等脚類の系統進化:寄生様式の多様化と淡水域への侵出. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2017. 64th. ROMBUNNO.P2-J-316 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (4件):
  • 魚類学の百科事典
    丸善出版 2018
  • タツノオトシゴ図鑑
    丸善出版 2018
  • 魚類行動生態学入門
    東海大学出版会 2013
  • 環境科学と生態学のためのR統計
    共立出版 2011
経歴 (4件):
  • 2018/06 - 現在 弘前大学 准教授
  • 2015/07 - 2018/05 弘前大学 助教
  • 2012/04 - 2015/06 東北大学 助教
  • 2009/04 - 2012/03 広島大学 学振特別研究員(PD)
所属学会 (7件):
日本水産増殖学会 ,  環境DNA学会 ,  日本水産学会 ,  日本進化学会 ,  日本生態学会 ,  日本魚類学会 ,  日本動物行動学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る