研究者
J-GLOBAL ID:201901016465405731   更新日: 2020年07月09日

小暮 高之

Kogure Takayuki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 肝癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得機序の解明と耐性克服薬の探索
  • 2017 - 2020 肝癌幹細胞のエキソソーム分泌を介した微小環境調節の新規機序の解明と治療応用
  • 2016 - 2017 C型肝炎持続感染に起因する肝発癌機構解明とバイオマーカーの同定
  • 2013 - 2016 肝癌増殖におけるエキソソームを介した機能性RNA輸送機構の解明と治療応用
  • 2007 - 2008 肝細胞癌におけるCancer stem cellと抗癌剤耐性
論文 (1件):
  • Kakazu E, Kondo Y, Kogure T, Ninomiya M, Kimura O, Iwata T, Morosawa T, Iwasaki T, Shimosegawa T. The effect of branched chain amino acid formulation on keeping the serum albumin level in the course of hepatocellular carcinoma recurrence. Tohoku J Exp Med. 2013;230(4):191-6
MISC (26件):
  • 小堺 利恵, 小暮 高之, 高橋 瑞恵, 高渕 優太朗, 金子 ひろみ, 高橋 恵美子, 岩渕 淑子, 泉 義彦, 沖津 庸子, 高橋 伸一郎. 医療安全 消化器内科との連携によるリスクマネジメント 当院のHCV抗体陽性患者の拾い上げ. 臨床病理. 2020. 68. 1. 48-54
  • 高橋 将典, 薄井 健介, 岡田 浩司, 小暮 高之, 佐藤 賢一, 中村 仁, 村井 ユリ子, 渡辺 善照. レンバチニブ治療開始後に血栓性微小血管障害をきたした肝細胞癌の1例. 東北医科薬科大学研究誌. 2018. 65. 55-61
  • 高橋 将典, 薄井 健介, 岡田 浩司, 小暮 高之, 佐藤 賢一, 中村 仁, 村井 ユリ子, 渡辺 善照. レンバチニブ治療開始後に血栓性微小血管障害をきたした肝細胞癌の1例. 東北医科薬科大学研究誌. 2018. 65. 55-61
  • 中村 琢也, 下瀬川 徹, 井上 淳, 小暮 高之, 嘉数 英二, 二宮 匡史, 諸沢 樹, 梅津 輝行, 高井 智, 中野 創. 肝障害を契機に遺伝子学的に診断され,肝生検で経時的な線維化の進行を確認できた骨髄性プロトポルフィリン症の1例. 肝臓. 2017. 58. 5. 289-295
  • 小暮 高之. 【検査データや画像所見とつなげて理解する 肝胆膵の解剖生理や疾患の知識】肝臓疾患. 消化器最新看護. 2014. 19. 3. 8-17
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 東北大学 大学院 医学系研究科 消化器病態学
  • 1991 - 1997 東北大学 医学部
  • 1988 - 1991 群馬県立前橋高等高校
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 東北医科薬科大学 講師
  • 2012/01 - 2017/03 東北大学 助教
  • 2011/01 - 2011/12 メイヨークリニック ポスドク
  • 2008/11 - 2010/12 オハイオ州立大学 ポスドク
  • 2005/04 - 2008/10 東北大学 医員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/06 - 現在 アメリカ肝臓病学会議 (AASLD) フェロー
  • 2018 - 現在 日本消化器病学会 評議員
  • 2014/04 - 現在 宮城県対がん協会 肝胆膵疾患診断委員会委員
  • 2014 - 現在 日本肝臓学会 東部会 評議員
  • 2013 - 現在 日本消化器病学会 東北支部 評議員
受賞 (6件):
  • 2015 - 日本肝臓学会 研究奨励賞 Involvement of miRNA-29a in epigenetic regulation of transforming growth factor-β-induced epithelial-mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma.
  • 2012 - 日本肝臓学会 冠アワード 肝癌増殖における微小環境調節の新規メカニズム:エキソーソ-ムを介したmicroRNAの細胞間輸送
  • 2011 - アメリカ肝臓病学会議 優秀ポスター Inter-cellular nanovesicle mediated microRNA transfer: a mechanism of environmental modulation of hepatocellular cancer cell growth.
  • 2007 - 第43回 日本肝臓学会総会 優秀演題賞 5-fluorouracil, cisplatin併用療法は肝細胞癌に対し、Fas/Fas-ligand systemを介してアポトーシスを誘導する
  • 2002 - 日本肝臓学会 国際学会参加に伴う費用の一部助成 The cytotoxic effects of a combination of 5-fluorouracil, cisplatin, and leucovorin on human hepatoma cells are influenced by the key catalyzing enzymes.
全件表示
所属学会 (6件):
日本移植学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会 ,  アメリカ癌研究会議 (AACR) ,  アメリカ肝臓病学会議 (AASLD)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る