研究者
J-GLOBAL ID:201901016474596272   更新日: 2020年09月24日

伊藤 陽平

Ito Yohei
所属機関・部署:
職名: 兼任講師
研究分野 (1件): 日本史
研究キーワード (11件): 都市史 ,  吏党 ,  糖業政策 ,  金融政策 ,  国民協会 ,  政友会 ,  政策決定過程 ,  政治史 ,  桂園体制 ,  経済政策 ,  政党
論文 (8件):
  • 伊藤陽平. 行政改革と稟議制の変容ー1950~60年代における公文書管理改善運動の展開を中心にー. 国文学研究資料館紀要アーカイブズ研究篇. 2020. 第16号(通巻第51号). 39-55
  • 伊藤陽平. 日露戦前における政治的協調の論理ー対外危機と国内融和ー. 国史学. 2019. 第228号
  • 伊藤陽平. 日露戦後の砂糖官営構想をめぐる政治過程ー桂系新党運動の展開と産業保護主義の台頭ー. 白山史学. 2019. 第55号
  • 伊藤陽平. 日露戦後の政策形成と生産調査会設置問題. 日本歴史. 2018. 第846号
  • 伊藤陽平. 日露戦後恐慌下の救済融資をめぐる政治過程ー産業資本家と政友会の接近ー. 史学雑誌. 2018. 第127編. 第7号
もっと見る
MISC (2件):
  • 「シンポジウム 自治体史編纂の現状と課題」参加記. 年報・首都圏史研究. 2020. 9
  • 根岸茂夫, 林和夫, 手塚雄太. 國學院大學文学部共同研究 戦前期東京郊外の住環境と都市形成ー渋谷区代官山朝倉家文書を中心にー成果報告 朝倉家文書の世界. 2020
書籍 (1件):
  • 拠点にみる相武の地域史-鎌倉・小田原・横浜ー
    2019
講演・口頭発表等 (6件):
  • 日露戦後における政友会非幹部派の政治的位置-二日会の動向を中心に-
    (近現代史研究会12月例会 2018)
  • 「挙市一致」市政の底流-日露戦前の横浜政界と「地商提携」論-
    (2018年度地方史研究協議会大会 2018)
  • 第二次桂内閣期の農商務行政-政策をめぐる地方と中央-
    (国史学会平成29年度11月例会 2017)
  • 日露戦後恐慌と政友会の自立化-第一次西園寺内閣期を中心に-
    (第114 回史学会大会 2016)
  • 非政友合同運動の展開と日糖事件
    (白山史学会第45回総会・研究報告会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 國學院大學大学院 博士後期課程
  • 2014 - 2016 東洋大学大学院 博士前期課程
  • 2010 - 2014 東洋大学文学部史学科
学位 (1件):
  • 博士(歴史学) (國學院大學)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 東洋大学 兼任講師
  • 2020/04 - 現在 京都芸術大学 業務担当非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 大正大学 兼任講師
  • 2020/04 - 現在 國學院大學 兼任講師
  • 2017/09 - 現在 横浜開港資料館 臨時職員
所属学会 (6件):
日本歴史学会 ,  国史学会 ,  白山史学会 ,  地方史研究協議会 ,  首都圏形成史研究会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る