研究者
J-GLOBAL ID:201901016836567853   更新日: 2021年08月25日

山室 和彦

Kazuhiko Yamamuro
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 精神神経科学 ,  医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (4件): 視床 ,  発達障害 ,  前頭前野 ,  社会性
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2021 - 2024 高機能自閉症者に適した低強度運動プログラムの効果検証
  • 2020 - 2023 幼少期社会経験が構築する前頭葉-視床室傍核回路の解明
  • 2020 - 2023 統合失調症の認知機能障害を来たす脳リズム活動破綻へのミトコンドリア機能変化の関与
  • 2020 - 2023 小児期栄養環境が形づくる髄鞘構造とその精神症状への効果の検討
  • 2021 - 2022 発達脳と恐怖記憶の神経基盤の解明
全件表示
論文 (61件):
  • Takahira Yamauchi, Manabu Makinodan, Michihiro Toritsuka, Kazuki Okumura, Yoshinori Kayashima, Rio Ishida, Naoko Kishimoto, Masato Takahashi, Takashi Komori, Yasunari Yamaguchi, et al. Tumor necrosis factor-α expression aberration of M1/M2 macrophages in adult high-functioning autism spectrum disorder. Autism research : official journal of the International Society for Autism Research. 2021
  • Kevin J Norman, Justin S Riceberg, Hiroyuki Koike, Julia Bateh, Sarah E McCraney, Keaven Caro, Daisuke Kato, Ana Liang, Kazuhiko Yamamuro, Meghan E Flanigan, et al. Post-error recruitment of frontal sensory cortical projections promotes attention in mice. Neuron. 2021. 109. 7. 1202-1213
  • Toyosaku Ota, Kazuhiko Yamamuro, Kosuke Okazaki, Toshifumi Kishimoto. Evaluating Guanfacine Hydrochloride in the Treatment of Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) in Adult Patients: Design, Development and Place in Therapy. Drug design, development and therapy. 2021. 15. 1965-1969
  • Kazuhiko Yamamuro, Lucy K Bicks, Michael B Leventhal, Daisuke Kato, Susanna Im, Meghan E Flanigan, Yury Garkun, Kevin J Norman, Keaven Caro, Masato Sadahiro, et al. A prefrontal-paraventricular thalamus circuit requires juvenile social experience to regulate adult sociability in mice. Nature neuroscience. 2020. 23. 10. 1240-1252
  • Kosuke Okazaki, Toyosaku Ota, Manabu Makinodan, Naoko Kishimoto, Kazuhiko Yamamuro, Rio Ishida, Masato Takahashi, Yuka Yasuda, Ryota Hashimoto, Junzo Iida, et al. Associations of childhood experiences with event-related potentials in adults with autism spectrum disorder. Scientific reports. 2020. 10. 1. 13447-13447
もっと見る
MISC (101件):
  • 山室 和彦, 飯田 順三. 【成人期ADHDの診断と治療】ADHDの薬物治療. 精神科. 2021. 38. 3. 332-338
  • 水井 亮, 太田 豊作, 飯田 順三, 濱野 泰光, 金田 東奎, 石岡 希望, 岡崎 康輔, 山室 和彦, 岸本 直子, 岸本 年史. 自閉スペクトラム症における前頭前皮質の血液動態反応と自殺リスクの関連(第2報). 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2020. 61回. P-03
  • 中島 史裕, 太田 豊作, 飯田 順三, 水井 亮, 岡崎 康輔, 山室 和彦, 岸本 直子, 浦谷 光裕, 澤井 創, 岩坂 英巳, et al. 自閉スペクトラム症における感覚統合療法の効果 事象関連電位を用いた検討. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2020. 61回. P-05
  • 岡崎 康輔, 山室 和彦, 紀本 創兵, 長濱 剛史, 疇地 崇広, 山口 泰成, 松浦 広樹, 岸本 直子, 太田 豊作, 飯田 順三. P300を用いた思春期神経性無食欲症における認知機能の評価. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2020. 61回. P-29
  • 岸本 直子, 山室 和彦, 浦谷 光裕, 太田 豊作, 飯田 順三, 岸本 年史. ロールシャッハ・テストの特殊指標による青年期の自殺の可能性についての検討. 日本児童青年精神医学会総会抄録集. 2020. 61回. P-77
もっと見る
書籍 (22件):
  • 看護のための臨床病態学 改訂4版 診断と分類
    南山堂 2020
  • 看護のための臨床病態学 改訂4版 統合失調症
    南山堂 2020
  • 看護のための臨床病態学 改訂4版 入院の種類(任意,医療保護,措置)
    南山堂 2020
  • 看護のための臨床病態学 改訂4版 パニック症
    南山堂 2020
  • 看護のための臨床病態学 改訂4版 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
    南山堂 2020
もっと見る
経歴 (7件):
  • 2019/07 - 現在 奈良県立医科大学附属病院 助教(精神科)
  • 2017/04 - 2019/06 マウントサイナイ医科大学精神科(ポストドクトラルフェロー)
  • 2016/04 - 2017/03 奈良県立医科大学附属病院 助教(精神科)
  • 2011/04 - 2016/03 奈良県立医科大学附属病院 助教(精神科
  • 2009/04 - 2011/03 天理よろづ相談所病院 医員(精神科)
全件表示
受賞 (12件):
  • 2021 - 生物学的精神学会学術賞
  • 2021 - 井川賞
  • 2018 - 学術振興海外特別研究員(JSPS)
  • 2018 - 鍋島トラベルアワード
  • 2018 - 若手研究者育成プログラム奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
Society of neuroscience会員 ,  日本臨床精神神経薬理学会会員 ,  日本神経化学会会員 ,  日本生理学会会員 ,  日本生物学的精神学会会員 ,  日本児童青年精神医学会会員(認定医) ,  日本精神神経学会会員(専門医、指導医)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る