研究者
J-GLOBAL ID:201901017050842806   更新日: 2019年12月27日

栗田 聡子

クリタ サトコ | Satoko Kurita
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 社会心理学 ,  実験心理学 ,  神経生理学・神経科学一般
研究キーワード (5件): メディア心理学 ,  実験心理学 ,  認知心理学 ,  事象関連電位 ,  生理心理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2018 習慣的な暴力ゲーム経験と動機活性化特性の影響:生理心理学的研究
書籍 (1件):
  • 生理心理学と精神生理学 第III巻 展開
    北大路書房 2018
講演・口頭発表等 (4件):
  • Influences of long-term violent game exposure and motivational activation on affective information processing: What ERPs and reaction time in secondary task technique reveal
    (58th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research 2018)
  • 暴力的ゲーム経験は映像への注目段階で鋭敏化をもたらす:体性感覚刺激に対する脳波と二次課題反応時間 による検討
    (日本心理学会第82回大会 2018)
  • Reexamining the P300 and secondary task reaction time elicited by electrical probes while watching emotionally varied films through individual differences in motivational activation
    (59th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research 2019)
  • 暴力的ゲーム経験が外的注意とプレゼンス感覚に与える影響 : 動画視聴中の体性感覚刺激に対する脳波と自己報告による検討
    (日本心理学会第83回大会 2019)
学位 (1件):
  • Ph.D. (Indiana University, Bloomington)
経歴 (3件):
  • 2009/07 - 2011/03 北海道大学大学院 学術研究員
  • 2011/04 - 2015/03 大阪経済大学 講師
  • 2015/04 - 現在 三重大学 准教授
受賞 (2件):
  • 2013/12 - 日本心理学会 優秀発表賞
  • 2005/05 - International Communication Association Top Student Paper Award (Information System Division)
所属学会 (6件):
日本心理学会 ,  日本生理心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  法と心理学会 ,  Society for Psychophysiological Research ,  International Communication Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る