研究者
J-GLOBAL ID:201901017120918864   更新日: 2021年04月17日

池田 めぐみ

IKEDA Megumi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://megumikeda.wixsite.com/researchportfolio
研究分野 (1件): 教育工学
研究キーワード (6件): ジョブ・クラフティング ,  レジリエンス ,  大学教育 ,  準正課 ,  正課外活動 ,  キャリアレジリエンス
論文 (8件):
  • 鈴木智之, 池尻良平, 池田めぐみ,山内祐平. 若年労働者のパーソナリティ特性表現に関する共通性と独自性:職場における活躍と伸び悩みに着眼して. 質的心理学研究. 2021. 20
  • 池田 めぐみ. 正課外活動の教育効果と今後の研究課題. 工学教育. 2021. 69. 1
  • 池田めぐみ, 池尻良平,鈴木智之,城戸楓,土屋裕介,今井良,山内祐平. 若年労働者のジョブ・クラフティングと職場における能力向上. 日本教育工学会論文誌. 2020. 44. 2
  • 池田めぐみ, 伏木田稚子, 山内祐平. 準正課プロジェクトにおける組織風土が学生の関与に与える影響. 日本教育工学会論文誌. 2020. 44. Suppl
  • 中野 生子, 田中 聡, 池田 めぐみ, 山内 祐平. 個人特性に着目した社会情動的スキルの評価:UWC ISAK Japanのサマースクールを事例として. 日本教育工学会論文誌. 2020. 44. 1
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • チャレンジストレッサーとヒンドランスストレッサーがレジリエンスと業務能力向上に与える影響
    (日本教育工学会 第37回 春季全国大会 2021)
  • 困難の対処に関する知識の獲得がレジリエンスと職務パフォーマンスに与える影響
    (人材育成学会 第18回年次大会 2020)
  • 若年労働者の職務エンジョイメントが経験学習と 職場における能力向上に与える影響
    (日本教育工学会 第36回 全国大会 2020)
  • EV×未来社会創造ワークショップの実践報告
    (日本STEM教育学会第2回年次大会 2019)
  • プロジェクトの種類及び学年による準正課の理系プロジェクトにおいて学生の抱える困難の違い
    (日本教育工学会第35回全国大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学際情報学(博士) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2019/04 - 2020/03 東京大学大学院 情報学環 特任研究員
所属学会 (3件):
人材育成学会 ,  大学教育学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る