研究者
J-GLOBAL ID:201901017134428363   更新日: 2021年10月27日

光成 健輔

ミツナリ ケンスケ | MITSUNARI KENSUKE
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 泌尿器科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 腎癌における逐次交換療法における効果予測モデルの構築:免疫複合体に注目した検討
  • 2016 - 2019 尿中免疫複合体の網羅的な解析結果に基づく尿路癌の新たな尿路再発予測モデルの構築
論文 (53件):
  • Yasuyoshi Miyata, Toshifumi Tsurusaki, Yasushi Hayashida, Yushi Imasato, Kosuke Takehara, Daiyu Aoki, Masaharu Nishikido, Junichi Watanabe, Kensuke Mitsunari, Tomohiro Matsuo, et al. Intravesical mitomycin C (MMC) and MMC + cytosine arabinoside for non-muscle-invasive bladder cancer: a randomised clinical trial. BJU international. 2021
  • Nozomi Aibara, Yasuyoshi Miyata, Kyohei Araki, Yuji Sagara, Kensuke Mitsunari, Tomohiro Matsuo, Kojiro Ohba, Yasushi Mochizuki, Hideki Sakai, Kaname Ohyama. Detection of novel urine markers using immune complexome analysis in bladder cancer patients: A preliminary study. In Vivo. 2021. 35. 4. 2073-2080
  • 松田 剛, 望月 保志, 郷野 すずな, 迎 祐太, 中西 裕美, 光成 健輔, 松尾 朋博, 大庭 康司郎, 山下 鮎子, 北村 峰昭, et al. 無症状の肺クリプトコッカス症からクリプトコッカス髄膜炎を発症した生体腎移植の1例. 日本臨床腎移植学会雑誌. 2021. 9. 1. 100-104
  • JUNKI HARADA, YASUYOSHI MIYATA, TAKENOBU TAIMA, TSUYOSHI MATSUDA, YUTA MUKAE, KENSUKE MITSUNARI, TOMOHIRO MATSUO, KOJIRO OHBA, TETSUJI SUDA, HIDEKI SAKAI, et al. Stage-specific Embryogenic Antigen-4 Expression in Castration-resistant Prostate Cancer and its Correlation With the Androgen Receptor. Anticancer Research. 2021. 41. 7. 3327-3335
  • Kensuke Mitsunari. Editorial Comment from Dr Mitsunari to Intraprostatic prophylactic antibiotic injection in patients undergoing transrectal ultrasonography-guided prostate biopsy. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2021. 28. 6. 687-687
もっと見る
MISC (127件):
  • 松田 剛, 望月 保志, 郷野 すずな, 迎 祐太, 中西 裕美, 光成 健輔, 松尾 朋博, 大庭 康司郎, 山下 鮎子, 北村 峰昭, et al. 無症状肺クリプトコッカス症から髄膜炎を生じた生体腎移植の1例. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2021. 54回. 171-171
  • 迎 祐太, 福島 始, 上田 康史, 倉田 博基, 中西 裕美, 光成 健輔, 松尾 朋博, 大庭 康司郎, 望月 保志, 宮田 康好, et al. 透析再導入後の移植腎に発生した気腫性腎盂腎炎の1例. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2021. 54回. 188-188
  • 光成健輔, 大庭康司郎, 松尾朋博, 志田洋平, 計屋知彰, 宮田康好, 酒井英樹. 腹腔鏡下前立腺全摘術とロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の比較. Japanese Journal of Endourology (Web). 2021. 34. 1
  • 宮田 康好, 松尾 朋博, 光成 健輔, 大庭 康司郎, 酒井 英樹. 筋層浸潤性膀胱がん集学的治療の現況と展望 ネオアジュバント、アジュバントセッティングでの免疫チェックポイント阻害剤はStage II-III MIBC症例の予後を改善することができるのか. 日本泌尿器科学会総会. 2020. 108回. 397-397
  • 迎 祐太, 宮田 康好, 大坪 亜紗斗, 湯野 努, 光成 健輔, 松尾 朋博, 大庭 康司郎, 山本 一男, 酒井 英樹. Largenは細胞の大きさを規定し、淡明細胞型腎細胞癌において悪性度と予後に関連する. 日本泌尿器科学会総会. 2020. 108回. 501-501
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
経歴 (8件):
  • 2019/03 - 現在 長崎大学病院 泌尿器科・腎移植外科 助教
  • 2018/04 - 2019/03 五島中央病院 泌尿器科 診療科長
  • 2016/10 - 2018/03 佐世保市総合医療センター 泌尿器科 医長
  • 2015/04 - 2016/09 日赤長崎原爆病院 泌尿器科 医員
  • 2012/04 - 2015/03 長崎大学病院 泌尿器科・腎移植外科 医員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/11 - 日本泌尿器科学会 第68回西日本泌尿器科学会総会ヤングウロロジストリサーチコンテスト優秀賞 Human antigen R is positively associated with malignant aggressiveness by upregulation of cell proliferation, migration, and VEGF and COX-2 in prostate cancer
所属学会 (8件):
日本透析医学会 ,  西日本泌尿器科学会 ,  日本ロボット外科学会 ,  日本性機能学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る