研究者
J-GLOBAL ID:201901017332159050   更新日: 2021年10月08日

長野 太輝

ナガノ タイキ | Nagano Taiki
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (2件): 細胞周期 ,  細胞老化
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 老化細胞特異的に発現する膜タンパク質を標的とした老化細胞除去法の開発
  • 2017 - 2020 老化特異的遺伝子の機能阻害による個体老化治療の研究
  • 2019 - 2019 LY6Dを標的とした細胞死誘導による老化細胞除去法の開発
  • 2019 - 2019 老化細胞の生存機構阻害による老化細胞除去法の開発
論文 (12件):
  • Taiki Nagano, Yuto Awai, Shione Kuwaba, Taiichi Osumi, Kentaro Mio, Tetsushi Iwasaki, Shinji Kamada. Riboflavin transporter SLC52A1, a target of p53, suppresses cellular senescence by activating mitochondrial complex II. Molecular Biology of the Cell. 2021. mbc.E21-05
  • 長野太輝. 老化細胞の生存機構阻害による老化細胞除去法の開発. 上原記念生命科学財団研究報告集. 2021
  • Taiki Nagano, Tetsushi Iwasaki, Kengo Onishi, Yuto Awai, Anju Terachi, Shione Kuwaba, Shota Asano, Ryoko Katasho, Kiyoko Nagai, Akio Nakashima, et al. LY6D-induced macropinocytosis as a survival mechanism of senescent cells. Journal of Biological Chemistry. 2021. 296. 100049-100049
  • Taiki Nagano, Shunsuke Yamao, Anju Terachi, Hidetora Yarimizu, Haruki Itoh, Ryoko Katasho, Kosuke Kawai, Akio Nakashima, Tetsushi Iwasaki, Ushio Kikkawa, et al. d-amino acid oxidase promotes cellular senescence via the production of reactive oxygen species. Life science alliance. 2019. 2. 1
  • Taiki Nagano, Akio Nakashima, Kengo Onishi, Kosuke Kawai, Yuto Awai, Mizuki Kinugasa, Tetsushi Iwasaki, Ushio Kikkawa, Shinji Kamada. Proline dehydrogenase promotes senescence through the generation of reactive oxygen species. JOURNAL OF CELL SCIENCE. 2017. 130. 8. 1413-1420
もっと見る
書籍 (1件):
  • 甲種危険物受験の為のわかりやすい物理・化学
    弘文社 2016 ISBN:9784770328113
講演・口頭発表等 (36件):
  • 老化細胞が分泌するエキソソームを介したDNA損傷誘導メカニズムの解明
    (第8回日本細胞外小胞学会学術集会 2021)
  • Nectin-4は老化細胞の巨大化に関与し、細胞生存を促進する
    (第80回日本癌学会学術総会 2021)
  • LY6DはIntegrin β1-FAK経路を介してマクロピノサイトーシスを誘導することで老化細胞の生存を促進する
    (第80回日本癌学会学術総 2021)
  • リボフラビントランスポーターSLC52A1による細胞老化抑制機構の解析
    (第73回日本細胞生物学会大会 2021)
  • Nectin-4 is responsible for cellular senescence-associated enlargement of cell size
    (第44回日本基礎老化学会大会 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (神戸大学)
経歴 (2件):
  • 2020/03 - 現在 神戸大学 バイオシグナル総合研究センター 助手
  • 2015/04 - 2020/02 神戸大学 バイオシグナル総合研究センター バイオシグナル総合研究センター研究員
受賞 (1件):
  • 2021/06 - 日本基礎老化学会 第44回日本基礎老化学会大会若手奨励賞 LY6D-induced macropinocytosis as a survival mechanism of senescent cells
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る