研究者
J-GLOBAL ID:201901017423352545   更新日: 2024年04月10日

一ノ瀬 聡太郎

イチノセ ソウタロウ | Ichinose Sotaro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  細胞生物学 ,  解剖学
研究キーワード (5件): シナプス ,  シナプス形成 ,  キネシン ,  細胞内輸送 ,  神経細胞骨格
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2024 興奮性および抑制性シナプスにおける細胞骨格アセンブリの差異の機構の解明
論文 (9件):
  • Xuguang Jiang, Tadayuki Ogawa, Kento Yonezawa, Nobutaka Shimizu, Sotaro Ichinose, Takayuki Uchihashi, Wataru Nagaike, Toshio Moriya, Naruhiko Adachi, Masato Kawasaki, et al. The two-step cargo recognition mechanism of heterotrimeric kinesin. EMBO reports. 2023. e56864
  • Sotaro Ichinose, Yoshihiro Susuki, Nobutake Hosoi, Ryosuke Kaneko, Mizuho Ebihara, Hirokazu Hirai, Hirohide Iwasaki. Interaction between Teneurin-2 and microtubules via EB proteins provides a platform for GABAA receptor exocytosis. eLife. 2023. 12. e83276
  • Yuki Tajika, Nobukazu Ishii, Yoshihiro Morimura, Kyosuke Fukuda, Mitsuaki Shikada, Tohru Murakami, Sotaro Ichinose, Yuhei Yoshimoto, Hirohide Iwasaki. Correlative microscopy and block-face imaging (CoMBI): a 3D imaging method with wide applicability in the field of biological science. Anatomical Science International. 2023. 98. 353-359
  • Hirohide Iwasaki, Sotaro Ichinose, Yuki Tajika, Tohru Murakami. Recent technological advances in correlative light and electron microscopy for the comprehensive analysis of neural circuits. Frontiers in Neuroanatomy. 2022. 16. 1061078
  • Sotaro Ichinose, Yoshihiro Susuki, Ryosuke Kaneko, Hirohide Iwasaki. Teneurin-2 at the Synapse Construction Site is a Signpost for Cargo Unloading from Motor Proteins. bioRxiv. 2022
もっと見る
MISC (4件):
  • 抗体標識キットアプリケーションノート. https://www.cosmobio.co.jp/support/application-note/flexable-antibody-labeling-kit-pgi-app.asp. 2024
  • 東大、キネシンによる軸索基部形成の時間的空間的制御機構を解明. 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP517450_W9A820C1000000. 2019
  • キネシンスーパーファミリーKIF3Aは神経の活動に依存してリン酸化されNカドヘリンを輸送する. ライフサイエンス新着論文レビュー https://first.lifesciencedb.jp/archives/11676. 2015
  • Faculty Opinions Article Recommendation. https://facultyopinions.com/article/725764358. 2015
講演・口頭発表等 (19件):
  • 接着分子と細胞骨格分子による抑制性シナプス形成機序の解析
    (第129回日本解剖学会総会・全国学術集会 2024)
  • 接着分子テニューリン2の海馬における分子局在
    (第129回日本解剖学会総会・全国学術集会 2024)
  • The two-step cargo recognition and binding mechanism of heterotrimeric kinesin
    (American Society for Cell Biology Annual Meeting 2023)
  • Interaction Between Teneurin-2 and Microtubules via EB Proteins Provides a Platform for GABAAReceptor Exocytosis
    (American Society for Cell Biology Annual Meeting 2023)
  • The interaction of Teneurin-2 with microtubules through end-binding proteins facilitates the accumulation of proteins at inhibitory postsynapses
    (第46回日本神経科学大会 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2013 東京大学 大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻
  • - 2009 東京大学 大学院医学系研究科 医科学修士
  • - 2007 東京大学 医学部 健康科学・看護学科
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 群馬大学 大学院 医学系研究科 機能形態学 (解剖学) 助教
  • 2013/04 - 2019/03 東京大学 大学院 医学系研究科 細胞生物学・解剖学 特任研究員
受賞 (2件):
  • 2023/10 - 群馬大学 Distinguished Young Researcher
  • 2016/07 - 12th International Congress of Cell Biology Travel Award
所属学会 (5件):
日本生物物理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本解剖学会 ,  日本神経科学学会 ,  American Society for Cell Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る