研究者
J-GLOBAL ID:201901017489067183   更新日: 2021年04月07日

大崎 晴地

Osaki Haruchi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://haruchiosaki.com//
研究分野 (1件): 美学、芸術論
研究キーワード (5件): 哲学 ,  リハビリテーション ,  病跡学 ,  精神病理学 ,  芸術
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2019 超具象的なもの
  • 2018 - 2019 精神科病棟での神経現象学リハビリテーションにおける建築的環境の研究
  • 2016 - 2017 精神科病棟での神経現象学リハビリテーションにおける環境と道具の実践
論文 (10件):
  • 大崎晴地. アメーバ状無意識-自意識子、物質子、感覚粒. 国際哲学研究 特集:新実在論の可能性. 2019. 別冊11
  • 大崎晴地. 超具象的なもの-デュシャンと荒川+ギンズの間. 国際哲学研究 特集:情報 知能 自然-21世紀の情報理解に向けてII. 2019. 別冊12
  • 大崎晴地. 身体をリノベーションする-ケア空間としての障害建築. 10+1 web site 特集:ケア領域の拡張. 2018
  • 大崎晴地. 障害と建築-生成する病跡学. atプラス. 2016. 30. 82-100
  • 大崎 晴地. 触覚性イメージの発達 : 物とかかわる行為の手続き (特集 精神病理の時代 : 自閉症・うつ・普通精神病...). 現代思想. 2015. 43. 9. 228-245
もっと見る
MISC (30件):
  • 大崎晴地. ねじれの巡礼を終えて. 「感覚をひらく-新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業」(令和二年度 実施報告書)、京都国立近代美術館. 2021
  • 大崎晴地. 書評「ダーウィン以後の美学ー芸術の起源と機能の複合性」(ヴィンフリート・メニングハウス). ART RESEARCH ONLINE. 2021
  • 大崎晴地. コロナと言語. TURN ジャーナル. 2020. SUMMER 2020. ISSUE 04
  • 大崎晴地. 芸術においてなぜ「真摯さ」が問題になるのか:オブジェクト指向哲学と自閉症. 講談社WEB. 2020
  • 大崎晴地. 宿命反転は「いつ」なされるのか? 書評『22世紀の荒川修作+マドリン・ギンズ』(三村尚彦・門林岳史編著). 図書新聞. 2020. 3440
もっと見る
書籍 (1件):
  • 哲学のメタモルフォーゼ
    晃洋書房 2018 ISBN:4771030057
講演・口頭発表等 (22件):
  • 汲み尽くしえないもの:精神病・オブジェクト・新型コロナ
    (ART RESEARCH ONLINE 2020)
  • 心的装置としての環境 « L’environnement en tant qu’appareil psychique. »
    (”CORPS ART FOLIE LA DOULEUR À L’ŒUVRE” PANDORA、アンスティチュ・フランセ日本、京都大学人間環境学研究科 2020)
  • 臨床素材としての建築〜精神分析の象徴性と現象学の身体性の交わるところ
    (精神分析的心理療法フォーラム 第8回 大会 2019)
  • 現代美術と私の活動
    (南八街病院 2019)
  • 〈障害〉の豊かさとの出逢い
    (中野区障害者理解啓発差別解消事業講演会 2019)
もっと見る
Works (22件):
  • 《障害の家》プロジェクト
    大崎晴地 2015 - 現在
  • エアートンネル
    大崎晴地 2013 - 現在
  • 「八角巡礼ー夢の領土」
    テキスト=大崎晴地, 組版設計=見増勇介, 映像編集=片山達貴, 音楽=灰街令, 調査協力=菊地暁, 企画・制作=京都国立近代美術館 2020 - 2021
  • 「臨床と芸術の領土に風穴をあけろ!」オンライン哲学分析
    大崎晴地, 上尾真道, 小倉拓也, 塩飽耕規(塩飽海賊団) 2020 -
  • transitional items「エアートンネル」
    対談, 馬場駿吉, 大崎 晴地, 愛知県立芸術大学アーティスト・イン・レジデンス, トークイベント 2019 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2014 東京芸術大学大学院 美術専攻博士課程修了
  • 2007 - 2009 東京芸術大学大学院 先端芸術表現専攻修士課程修了
  • 2003 - 2007 東京芸術大学 先端芸術表現科卒業
学位 (1件):
  • 博士(美術) (東京藝術大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 国際哲学研究センター
  • 2012 - 現在 神経現象学リハビリテーション総合研究センター 研究員
  • 2019/04 - 2020/03 南八街病院 精神科 非常勤
受賞 (4件):
  • 2013/05 - 日本学生支援機構 第一種奨学金 2009-2011
  • 2011 - 愛知建築士会 建築コンクール 古谷誠章賞
  • 2009/05 - 日本学生支援機構 第一種奨学金 2008
  • 2007 - ART AWARD TOKYO 2007 特別賞
所属学会 (4件):
日本芸術療法学会 ,  日本病跡学会 ,  神経現象学リハビリテーション研究 ,  日本認知科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る