研究者
J-GLOBAL ID:201901017489067183   更新日: 2019年12月30日

大崎 晴地

Haruchi Osaki
ホームページURL (1件): http://haruchiosaki.com//
研究キーワード (5件): 哲学 ,  リハビリテーション ,  病跡学 ,  精神病理学 ,  芸術
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2019 精神科病棟での神経現象学リハビリテーションにおける建築的環境の研究
  • 2018 - 2019 超具象的なもの
  • 2016 - 2017 精神科病棟での神経現象学リハビリテーションにおける環境と道具の実践
論文 (10件):
  • 大崎晴地. アメーバ状無意識-自意識子、物質子、感覚粒. 国際哲学研究 特集:新実在論の可能性. 2019. 別冊11
  • 大崎晴地. 超具象的なもの-デュシャンと荒川+ギンズの間. 国際哲学研究 特集:情報 知能 自然-21世紀の情報理解に向けてII. 2019. 別冊12
  • 大崎晴地. 身体をリノベーションする-ケア空間としての障害建築. 10+1 web site 特集:ケア領域の拡張. 2018
  • 大崎晴地. 障害と建築-生成する病跡学. atプラス. 2016. 30. 82-100
  • 大崎 晴地. 触覚性イメージの発達 : 物とかかわる行為の手続き (特集 精神病理の時代 : 自閉症・うつ・普通精神病...). 現代思想. 2015. 43. 9. 228-245
もっと見る
MISC (24件):
  • 大崎 晴地. 世界という風呂敷. 精神看護. 2019. 23. 1. 56-57
  • 大崎 晴地. 「家族」と「障害」という言葉について. コトノネ. 2019. 32. 62-63
  • 大崎 晴地. ドゥルーズ・キャンプ関連企画 "Between figure and contour". ドゥルーズ/ガタリ・アジア国際学会2019, パンフレット. 2019. 52
  • 大崎晴地. 「社会構成主義と抽象の力」書評『抽象の力-近代芸術の解析』(岡崎乾二郎). 図書新聞. 2019
  • 大崎 晴地. クルト・シュヴィッタースの病跡 狂気としての「メルツ」(抄録). 日本病跡学雑誌. 2017. 94. 129-129
もっと見る
書籍 (1件):
  • 哲学のメタモルフォーゼ
    晃洋書房 2018 ISBN:4771030057
講演・口頭発表等 (20件):
  • 見えないイメージに触れる-治療モデルとしての「暗箱」
    (日本認知科学会 第27回大会 2010)
  • グラウンドする媒体
    (東京藝術大学、現代芸術概論(木幡和枝教授) 2011)
  • 感触の変容
    (神経現象学リハビリテーション研究会 第13回コロック 2012)
  • 感触の論理ー個体の本性をめぐる自己組織化の考察
    (東京藝術大学、現代芸術概論(木幡和枝教授) 2012)
  • フランシス・ベーコンの離人症的リアリズムあるいは触覚的リアリズム
    (第60回日本病跡学会総会 2013)
もっと見る
Works (20件):
  • 「ワラッテイイトモ、」上映会
    K・K, 桂英史対談、東京芸術大学 2003 -
  • 鼎談「身体の未来についてー芸術家、科学者、哲学者のポイエーシス」
    荒川修作+河本英夫+宇野邦一(司会・大崎晴地)、東京芸術大学 2004 -
  • 「ルールのないスポーツ」ネグリさんとデングリ対話
    ゲスト:伊藤ガビン氏 東京芸術大学 2008 -
  • シンポジウム「身体と医療のポイエーシス」
    宇野邦一+河本英夫+阪上正巳+三脇康生+川俣正、東京芸術大学 2008 -
  • エアートンネル
    大崎晴地 2013 - 現在
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 東京芸術大学 美術学部 先端芸術表現科卒業
  • 2007 - 2009 東京芸術大学大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻修士課程修了
  • 2009 - 2014 東京芸術大学大学院 美術研究科 美術専攻博士課程修了
学位 (1件):
  • 博士(美術)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 南八街病院 非常勤
  • 2012 - 現在 神経現象学リハビリテーション総合研究センター 研究員
受賞 (4件):
  • 2011 - 愛知建築士会 建築コンクール 古谷誠章賞
  • 2009/05 - 日本学生支援機構 第一種奨学金 2008
  • 2013/05 - 日本学生支援機構 第一種奨学金 2009-2011
  • 2007 - ART AWARD TOKYO 2007 特別賞
所属学会 (4件):
日本芸術療法学会 ,  日本病跡学会 ,  神経現象学リハビリテーション研究 ,  日本認知科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る