研究者
J-GLOBAL ID:201901017550682619   更新日: 2020年11月09日

川口 高徳

カワグチ コウトク | KOTOKU KAWAGUCHI
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 腎臓内科学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (1件): 分子生理学、生化学、分子生物学
論文 (8件):
  • Kuwahara A, Kuwahara Y, Kato I, Kawaguchi K, Harata D, Asano S, Inui T, Marunaka Y. Xenin-25 induces anion secretion by activating noncholinergic secretomotor neurons in the rat ileum. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2019. 316. 6. G785-G796
  • 川口高徳. 腎臓におけるERMタンパク質の生理的役割に関する研究. 2019
  • Kotoku Kawaguchi, Ryo Hatano, Mitsunobu Matsubara, Shinji Asano. Internalization of NKCC2 is impaired in thick ascending limb of Henle in moesin knockout mice. Pflugers Archiv European Journal of Physiology. 2018. 470. 7. 1055-1068
  • 川口高徳, 波多野亮, 浅野真司. 膜輸送タンパク質NKCC2のエンドサイトーシスにおけるMoesinの制御機構. 膜. 2018. 43. 5. 199-205
  • Hatano R, Takeda A, Abe Y, Kawaguchi K, Kazama I, Matsubara M, Asano S. Loss of ezrin expression reduced the susceptibility to the glomerular injury in mice. Scientific Report. 2018. 8. 1. 4512
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2019 立命館大学大学院 薬学専攻
  • - 2015 立命館大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (立命館大学)
経歴 (1件):
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 日本生化学会 若手優秀発表賞 (第92回 日本生化学会大会)
  • 2018/10 - 日本薬学会物理系薬学部会 優秀発表賞 (第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム)
  • 2018/05 - 日本生化学会 近畿支部 優秀発表賞 (第65回日本生化学会近畿支部例会)
  • 2013/10 - 日本薬学会 近畿支部大会 優秀ポスター賞 (第63回日本薬学会近畿支部大会)
所属学会 (4件):
日本生化学会 ,  米国腎臓学会 ,  日本薬学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る