研究者
J-GLOBAL ID:201901017567291311   更新日: 2020年08月28日

吉田 哲也

ヨシダ テツヤ | Yoshida Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 任期付研究員
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  応用分子細胞生物学
研究キーワード (6件): 植物病理学 ,  植物ウイルス ,  複製 ,  ウイルス抵抗性 ,  ゲノム編集 ,  RNA
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2022 植物ウイルス複製装置の分子解剖を基盤とした複製システムの包括的解析
  • 2019 - 2021 植物の抗ウイルス免疫誘導時に働くウイルス増殖阻害実行因子に関する研究
  • 2015 - 2018 レクチン遺伝子プールを利用した広域ウイルス抵抗性植物開発の新戦略
論文 (19件):
  • Okano Yukari, Maejima Kensaku, Yoshida Tetsuya, Nishida Shuko, Tokuda Ryosuke, Nishikawa Masanobu, Namba Shigetou, Yamaji Yasuyuki. Interfamily transfer of Arabidopsis lectin-mediated antiviral gene confers resistance to pepino mosaic virus in tomato. Journal of General Plant Pathology. 2020. 86. 4. 274-282
  • Akira Yusa, Yutaro Neriya, Masayoshi Hashimoto, Tetsuya Yoshida, Yuji Fujimoto, Naoi Hosoe, Takuya Keima, Kai Tokumaru, Kensaku Maejima, Osamu Netsu, et al. Functional conservation of EXA1 among diverse plant species for the infection by a family of plant viruses. Scientific reports. 2019. 9. 1. 5958-5958
  • Masanobu Nishikawa, Ryosuke Tokuda, Tetsuya Yoshida, Takamichi Nijo, Noriko Maruyama, Kosuke Katsu, Kensaku Maejima, Yasuyuki Yamaji, Shigetou Namba. Complete Genome Sequence of Iris Severe Mosaic Virus Isolated in Japan. Microbiology Resource Announcements. 2019. 8. 15
  • Tokuda Ryosuke, Nishikawa Masanobu, Hosoe Naoi, Nijo Takamichi, Iwabuchi Nozomu, Yoshida Tetsuya, Watanabe Kiyoto, Maejima Kensaku, Yamaji Yasuyuki, Namba Shigetou. Complete Genome Sequence of a Carrot Torradovirus 1 Isolate, Obtained from Angelica keiskei in Japan. MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS. 2019. 8. e00110-19
  • Nishikawa Masanobu, Tokuda Ryosuke, Yoshida Tetsuya, Nijo Takamichi, Maruyama Noriko, Katsu Kosuke, Maejima Kensaku, Yamaji Yasuyuki, Namba Shigetou. Complete Genome Sequence of Iris Severe Mosaic Virus Isolated in Japan. MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS. 2019. 8. e00093-19
もっと見る
MISC (23件):
  • 藤本祐司, 吉田哲也, 白石拓也, 薦田(萩原, 優香, 小松健, 岡野夕香里, 徳田遼佑, 前島健作, 山次康幸, et al. JAX1によるポテックスウイルス増殖阻害のin vitro再構成. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2019. 2019. 122
  • 吉田哲也, 薦田(萩原)優香, 藤本祐司, 徳田遼佑, 西川雅展, 岡野夕香里, 前島健作, 山次康幸, 難波成任. ポテックスウイルス複製複合体前駆体へのJAX1のターゲティング. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2019. 2019. 123
  • 吉田哲也, 北沢優悟, 細江尚唯, 藤本祐司, 岡野夕香里, 橋本将典, 前島健作, 山次康幸, 難波成任. hibiscus latent Singapore virus日本分離株の全ゲノム解読. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2018. 2018. 76
  • 岩渕望, 北沢優悟, 鯉沼宏章, 二條貴通, 吉田哲也, 吉川信幸, 前島健作, 大島研郎, 難波成任. 花器官の葉化誘導因子ファイロジェンは異なる複数の科の植物に葉化を誘導する. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2017. 2017. 146
  • 吉田哲也, 橋本将典, 遊佐礼, 煉谷裕太朗, 煉谷裕太朗, 岩渕望, 根津修, 前島健作, 山次康幸, 難波成任. シロイヌナズナのEXA1欠損によりplantago asiatica mosaic virusの感染は細胞レベルで阻害される. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2017. 2017. 123
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • pepino mosaic virusに抵抗性を示すJAX1形質転換トマトの作出
    (令和2年度日本植物病理学会大会 2020)
  • 抵抗性遺伝子<i>JAX1</i>による広範なポテックスウイルスの増殖阻害
    (令和2年度日本植物病理学会大会 2020)
  • 植物で広く保存される劣性抵抗性遺伝子<i>EXA1</i>のポテックスウイルス感染に対する普遍性
    (令和2年度日本植物病理学会大会 2020)
  • <i>EXA1</i>を介した植物ウイルス抵抗性が作用するウイルス効果範囲に関する解析
    (令和2年度日本植物病理学会大会 2020)
  • Counter for the epidemics of potexviruses - Toward the eradication of pepino mosaic virus -
    (The 10th International Conference of Clinical Plant Science 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2019 東京大学 生産・環境生物学専攻 博士課程
  • 2013 - 2015 東京大学 生産・環境生物学専攻 修士課程
  • 2011 - 2013 東京大学 応用生命科学課程 応用生物学専修
  • 2009 - 2011 東京大学 理科二類
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 農業・食品産業技術総合研究機構 任期付研究員
  • 2019/04 - 2020/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任研究員
  • 2018/04 - 2019/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 RA(リサーチ アシスタント)
  • 2015/04 - 2018/03 東京大学 大学院農学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
受賞 (2件):
  • 2019/03 - 日本植物病理学会 学生優秀発表賞
  • 2013/03 - 東京大学 農学部長賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る