研究者
J-GLOBAL ID:201901017828388970   更新日: 2023年02月28日

歌村 翔子

UTAMURA SHOKO
所属機関・部署:
研究分野 (1件): その他
論文 (4件):
  • 歌村 翔子, 國吉 一樹, 岩橋 千春, 七部 史, 坂本 万寿夫, 和田 紀久, 日下 俊次. 未熟児網膜症に対するranibizumab単独投与治療後の経過. 眼科臨床紀要. 2022. 15. 6. 418-419
  • Chiori Kondo, Chiharu Iwahashi, Shoko Utamura, Kazuki Kuniyoshi, Yuhei Konishi, Norihisa Wada, Ryo Kawasaki, Shunji Kusaka. Characteristics of Eyes Developing Retinal Detachment After Anti-vascular Endothelial Growth Factor Therapy for Retinopathy of Prematurity. Frontiers in pediatrics. 2022. 10. 785292-785292
  • Chiharu Iwahashi, Shoko Utamura, Kazuki Kuniyoshi, Koji Sugioka, Yuhei Konishi, Norihisa Wada, Shunji Kusaka. FACTORS ASSOCIATED WITH REACTIVATION AFTER INTRAVITREAL BEVACIZUMAB OR RANIBIZUMAB THERAPY IN INFANTS WITH RETINOPATHY OF PREMATURITY. Retina (Philadelphia, Pa.). 2021. 41. 11. 2261-2268
  • Fukutaro Mano, Itsuka Matsushita, Hiroyuki Kondo, Shoko Utamura, Chiori Kondo, Shunji Kusaka. Vitrectomy and external drainage of subretinal fluid containing high concentration of vascular endothelial growth factor for advanced coats disease. Scientific reports. 2021. 11. 1. 19333-19333
MISC (16件):
  • 歌村 翔子, 國吉 一樹, 岩橋 千春, 七部 史, 坂本 万寿夫, 和田 紀久, 日下 俊次. 未熟児網膜症に対するranibizumab単独投与治療後の経過. 眼科臨床紀要. 2022. 15. 6. 418-419
  • 眞野 福太郎, 歌村 翔子, 近藤 千桜里, 大賀 智之, 日下 俊次. Coats病における硝子体液および網膜下液のVEGF濃度の検討. 眼科臨床紀要. 2021. 14. 6. 383-383
  • 歌村 翔子, 國吉 一樹, 立花 都子, 日下 俊次. Stage 4A未熟児網膜症に対する硝子体手術後再手術例の検討. 眼科臨床紀要. 2020. 13. 10. 689-689
  • 歌村 翔子, 國吉 一樹, 初川 嘉一, 藤野 貴啓, 杉岡 孝二, 日下 俊次. 重症未熟児網膜症(ROP)に対する抗VGEF治療後の再燃例の検討. 眼科臨床紀要. 2019. 12. 10. 792-792
  • 歌村, 翔子. 〈原著〉角膜上皮創傷治癒過程における urokinase-type plasminogen activator receptor の役割と機能. 近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kindai University. 2019. 44. 1-2. 53-65
もっと見る
書籍 (1件):
  • 眼病理アトラス
    総合医学社 2020 ISBN:9784883786886
学位 (1件):
  • 医学博士 (近畿大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る