研究者
J-GLOBAL ID:201901017883002054   更新日: 2021年09月10日

山元 良

ヤマモト リョウ | Ryo Yamamoto
所属機関・部署:
職名: 助教(有期)
研究分野 (1件): 救急医学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2022 水素ガスを利用した腸管虚血に対する新規治療法の開発
  • 2021 - 汎発性腹膜炎を伴う上部消化管穿孔に対する術式選択支援システムの開発:急性腹症ガイドラインのための新たなエビデンスの創出
  • 2020 - 2021 重症COVID-19肺炎に対する水素ガス吸入療法
  • 2020 - Open Abdomenにおける至適一時的閉腹手技に関する検討:多施設共同後ろ向き研究
  • 2019 - 腸管虚血に対する新規治療の開発:水素ガスの治療効果の検討
全件表示
論文 (36件):
  • Nakama R, Yamamoto R, Izawa Y, Tanimura K, Mato T. Serum D-dimer level as a biomarker for identifying patients with isolated injury to prevent unnecessary whole-body computed tomography in blunt trauma care. Scandinavian Journal of Trauma, Resuscitation and Emergency Medicine. 2021. 29. 1. 12
  • Yamamoto R, Fujishima S, Sasaki J, Gando S, Saitoh D, Shiraishi A, Kushimoto S, Ogura H, Abe T, Mayumi T, et al. Hyperoxemia during resuscitation of trauma patients and increased intensive care unit length of stay: inverse probability of treatment weighting analysis. World Journal of Emergency Surgery. 2021. 16. 1. 19
  • Yamamoto R, Suzuki M, Sasaki J. Reply to Swinging the pendulum in prehospital trauma mortality needs a more holistic approach. The journal of trauma and acute care surgery. 2021. 91. 3. e81-e82
  • Yamamoto R, Sato Y, Sasaki J. Sparsity of burn centers and prolonged length of hospital stay: A nationwide study. Burns : journal of the International Society for Burn Injuries. 2021
  • Yamamoto R, Suzuki M, Yoshizawa J, Nishida Y, Junichi S. Physician-staffed ambulance and increased in-hospital mortality of hypotensive trauma patients following prolonged prehospital stay: A nationwide study. Journal of Trauma and Acute Care Surgery. 2021. 91. 2. 336-343
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (1件):
  • Comprehensive Critical Care: Adult second edition
    Society of Critical Care Medicine 2017
講演・口頭発表等 (110件):
  • 新型コロナ禍の熱傷診療 国際社会における新型コロナ禍の熱傷診療
    (熱傷 2021)
  • 高齢者大腿骨近位部骨折に対する早期手術の取り組み
    (日本外傷学会雑誌 2021)
  • 重症患者におけるIL6とSOFAスコアを利用した死亡予測
    (Shock: 日本Shock学会雑誌 2021)
  • 熱傷侵襲による過剰な全身・腸管免疫応答はプロバイオティクス製剤の投与により改善する 熱傷とlipopolysaccharideによるtwo-hitモデルでの解析
    (Shock: 日本Shock学会雑誌 2021)
  • 【治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療】胸部外傷
    (日本医事新報 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2000 - 2006 慶應義塾
学位 (4件):
  • 学士(医学) (慶應義塾)
  • 博士(医学) (慶應義塾)
  • 学士(医学) (Keio University)
  • 博士(医学) (Keio University)
経歴 (6件):
  • 2017/03/01 - 現在 慶應義塾大学医学部 救急医学 助教
  • 2015/01/05 - 2017/01/04 University of Texas Health Science Center at San Antonio Department of Surgery/Division of Trauma and Emergency Surgery Trauma Surgery Fellow
  • 2012/04/01 - 2015/04/30 済生会横浜市東部病院 救急科 医員
  • 2014/05/01 - 2014/12/04 栃木県済生会宇都宮病院 救急科 医員
  • 2008/04/01 - 2012/03/31 慶應義塾大学医学部 救急医学 後期研修医
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2021/05 - 現在 日本医学会連合 Japan CDC創設に関する委員会 新型コロナウイルス感染症の情報発信ワーキンググループ
  • 2021/05 - 現在 日本医学会連合 Japan CDC創設に関する委員会 新型コロナウイルス感染症の情報発信ワーキンググループ
  • 2020/09 - 現在 日本外傷学会 国際委員会
  • 2020/09 - 現在 日本救急医学会・日本集中治療学会 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会 COVID-19対策タスクフォース
  • 2020/09 - 現在 日本外傷学会 国際委員会
全件表示
受賞 (1件):
  • 2021/05/22 - 日本ショック学会 第35回日本ショック学会会長賞
所属学会 (6件):
日本外傷学会 ,  日本救急医学会 ,  日本外科学会 ,  Society of Critical Care Medicine ,  日本消化器外科学会 ,  日本熱傷学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る