研究者
J-GLOBAL ID:201901017890540614   更新日: 2021年09月15日

白田 理人

シラタ リヒト | Shirata Rihito
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (9件): 言語学 ,  記述言語学 ,  フィールド言語学 ,  言語ドキュメンテーション ,  琉球諸語 ,  奄美方言 ,  喜界島方言 ,  文法記述 ,  琉球語
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 言語バリエーションとしての方言文法の多様性を生む社会的・語用論的な要請の解明
  • 2019 - 2023 奄美北部諸方言における疑問文の総合的記述
  • 2017 - 2022 言語系統樹を用いた琉球語の比較・歴史言語学的研究
  • 2016 - 2019 談話資料から見る北琉球奄美喜界島方言の地域変種の多様性
  • 2015 - 2018 北琉球諸語の文法記述・ドキュメンテーション及び歴史的研究
全件表示
論文 (29件):
  • 白田理人. 呼びかけイントネーションが呼称名詞に与える影響-喜界島小野津方言を例に-. 音声研究. 2021. 25. 23-40
  • 白田理人, 重野裕美. 奄美大島笠利佐仁方言の形容詞・談話資料. シマジマのしまくとぅば 2 危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した 実地調査研究 令和2年度. 2021. 1-30
  • Personal Pronouns as Markers of Spatial Deictic Anchors: The Case of the Demonstrative System in Kikai Ryukyuan. Japanese/Korean Linguistics. 2020. 27. 165-175
  • 白田理人, 重野裕美. 瀬戸内町請島方言の動詞活用資料. シマジマのしまくとぅば1危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究 令和元年度. 2020. 8-20
  • 白田理人. 奄美大島今里方言の埋め込み疑問文について. 南島文化. 2020. 42. 153-166
もっと見る
MISC (1件):
  • 白田理人. 喜界島調査団リレーエッセー 喜界島の方言を残そう14. 広報きかい. 2012. 539
書籍 (4件):
  • 明解方言学辞典
    三省堂 2019 ISBN:9784385135793
  • 日本語学と日本語教育-研究と実践
    2014
  • 言語学-理論と応用
    2013
  • 琉球列島の言語と文化 その記録と継承
    2013 ISBN:9784874245965
講演・口頭発表等 (60件):
  • 北琉球奄美喜界島北部方言の確認要求表現 -「見ろ」由来の形式を中心に-
    (第71回 西日本国語国文学会 オンライン大会 2021)
  • 喜界島小野津方言の活用語のアクセント体系:長い動詞/形容詞の語幹と名詞との類似性
    (第 16 回音韻論フェスタ(2021) 2021)
  • 喜界島方言における動詞のアクセント単位の拡張と真偽疑問文末のプロソディー
    (日本言語学会第161回大会 2020)
  • 北琉球奄美大島方言の助詞baの二つの機能-対格標示と取り立て-
    (日本言語学会第161回大会 2020)
  • 北琉球奄美請島池地方言の母音の高さの進行同化と逆行同化
    (第34回日本音声学会全国大会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 京都大学 行動文化学専攻 言語学専修 博士後期課程
  • 2010 - 2012 京都大学 行動文化学専攻 言語学専修 修士課程
  • 2006 - 2010 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (16件):
  • 2021/04 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
  • 2021/04 - 現在 広島大学 人間社会科学研究科 准教授
  • 2017/04 - 現在 沖縄国際大学 南島文化研究所 特別研究員
  • 2016/04 - 現在 国立国語研究所 共同研究員
  • 2021/08 - 2021/09 沖縄国際大学 総合文化学部 日本文化学科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 社会言語科学会 研究大会委員
  • 2018/07 - 現在 沖縄言語研究センター 研究運営委員
受賞 (2件):
  • 2020/06 - 日本言語学会 第159回大会発表賞 「北琉球奄美喜界島小野津方言の疑問文末標識と言語行為-話し手の行為遂行に関する疑問文を中心に-」
  • 2014/11 - 日本言語学会 第148回大会発表賞 「奄美喜界島小野津方言の一人称代名詞の複数形」
所属学会 (10件):
西日本国語国文学会 ,  沖縄文化協会 ,  社会言語科学会 ,  日本語学会 ,  九州方言研究会 ,  奄美沖縄民間文芸学会 ,  沖縄言語研究センター ,  日本方言研究会 ,  日本言語学会 ,  日本音声学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る