研究者
J-GLOBAL ID:201901017969399615   更新日: 2021年04月20日

梶田 和宏

カジタ カズヒロ | Kajita Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 嘱託講師
ホームページURL (1件): https://www.kuas.ac.jp/edu-research/profile/kazuhiro-kajita
研究分野 (4件): スポーツ科学 ,  体育、身体教育学 ,  教育学 ,  教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (27件): 指導言語 ,  実践研究 ,  比較研究 ,  教養教育 ,  大学体育 ,  教養体育 ,  記述研究 ,  教育工学 ,  教育システム ,  二塁送球動作 ,  捕手 ,  大学スポーツ ,  野球 ,  スポーツバイオメカニクス ,  スポーツ教育 ,  体育科教育 ,  高等教育 ,  比較教育 ,  国際比較 ,  東アジア ,  東アフリカ ,  コーチング ,  比較体育 ,  大学生 ,  野球コーチング ,  ゲートボール ,  インド
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2020 EAST AFRICA (Uganda, Tanzania and Rwanda) 2019 Linking TIAS Alumni to Sports Development and Sharing Japan Sports Expertise
  • 2016 - 2017 茨城県の高等教育機関における教養体育の教育システム分析
論文 (12件):
  • Masaaki Nakarai, Tomoko Amemiya, Takafumi Tomura, Kazuhiro Kajita, Randeep Rakwal. TIAS Alumni, Legacy, and Linkages with CHEZA in Rwanda through Japan as a Precursor to the East Africa ports Academy: A Case Example. Sport and Olympic-Paralympic Studies Journal. 2020. 5. 1. 430-437
  • Kuninori Hayashi, Yusuke Takahashi, Kazumasa Isobe, Kazuhiro Kajita, Randeep Rakwal. Nourishing the Student Athlete: A Single Model for Future Sports Nutrition and Personalized Biological Environment. Sport and Olympic-Paralympic Studies Journal. 2020. 5. 1. 2
  • 川戸湧也, 長谷川悦示, 木内敦詞, 梶田和宏, 中川昭. 大学体育のADDIEモデルに基づく柔道授業の設計と実践の有効性検証. 体育学研究. 2020. 65. 2
  • 青山敏之, 阿江数通, 相馬寛人, 宮田一弘, 梶田和宏, 奈良隆章, 川村卓. 大学野球選手における送球イップスの発症率とその症状に関する探索的研究. 体力科学. 2020. 70. 1
  • Takahiro Sato, Emi Tsuda, Cathy McKay, Yu Furuta, Kazuhiro Kajita. Japanese Elementary Teachers’ Learning Experiences of Physical Education Professional Development. The Teacher Educator. 2020. 55. 373-391
もっと見る
書籍 (1件):
  • IDE現代の高等教育 NO.620 2020年5月号「スポーツと学生」
    IDE大学協会 2020
講演・口頭発表等 (36件):
  • 大学教養体育の開講状況およびカリキュラムに関する世界地図作成の試み
    (第9回大学体育スポーツ研究フォーラム 2021)
  • ライフスキル獲得や社会人基礎力育成を意図した体育実技授業におけるゲートボールの可能性と展望
    (日本スポーツ教育学会 第40回学会大会 2021)
  • Toward Creating a Revised World Map of Physical Education in Liberal Arts Higher Education (PEHE) Courses
    (International Academy Conference: Achievements, Legacy and Continuity 2020 2020)
  • Highlights of a Comparative Study of the Educational System for Physical Education in Liberal Arts Higher Education (PEHE) Courses in Japan, Korea and Taiwan
    (International Academy Conference: Achievements, Legacy and Continuity 2020 2020)
  • Event REPORT: Sports x International Exchange for Kids Connecting to Africa from Senri with CHEZA × TIAS
    (International Academy Conference: Achievements, Legacy and Continuity 2020 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • General Project Report ~Support for Formation of International Sport Academies~
    Hisashi Sanada, Randeep Rakwal, Takuya Tsukamoto, Kazuhiro Kajita, Tetsuhiro Sugaya, Yukio Nakayama 2021 - 現在
  • スポーツ・アカデミー形成支援事業 事業総括報告書
    真田久, Rakwal Randeep, 塚本拓也, 梶田和宏, 菅谷哲宏, 中山幸男 2021 - 現在
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 筑波大学大学院 3年制博士課程 大学体育スポーツ高度化共同専攻
  • 2014 - 2016 筑波大学大学院 博士前期課程 体育学専攻
  • 2010 - 2014 鹿児島大学 生涯教育総合課程 健康教育コース
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 京都先端科学大学 教育開発センター 嘱託講師
  • 2019/04 - 2021/03 目白大学 保健医療学部作業療法学科 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 筑波大学 アスレチックデパート(AD) 外部委託職員 硬式野球部アシスタントコーチ
  • 2019/04 - 2021/03 筑波大学 体育系つくば国際スポーツアカデミー(TIAS) 非常勤研究員
委員歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 全国大学体育連合 研究部員、「大学体育スポーツ学研究」編集委員
  • 2021/03 - 現在 合同会社CHEZA 技術顧問
受賞 (5件):
  • 2021/02 - 公益社団法人 全国大学体育連合 フォーラム優秀発表賞 大学教養体育の開講状況およびカリキュラムに関する世界地図作成の試み
  • 2019/03 - 日本コーチング学会 日本コーチング学会第30回大会優秀発表賞 わが国のプロ野球捕手における二塁送球動作の定量的かつ定性的特徴分析
  • 2017/02 - 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ティーチングフェロー(TF)優秀賞 TFとして担当した教養体育授業の教師行動分析
  • 2016/03 - 日本コーチング学会 日本コーチング学会第27回大会優秀発表賞受賞 プロ野球捕手における二塁送球動作の特徴分析
  • 2015/12 - つくば野球研究会 第10回つくば野球研究会敢闘賞受賞 プロ野球捕手における二塁送球動作の特徴
所属学会 (9件):
East Asian Alliance of Sport Pedagogy(EAASP) ,  大学ゴルフ授業研究会 ,  大学教育学会 ,  日本体育科教育学会 ,  日本スポーツ教育学会 ,  日本スポーツパフォーマンス学会 ,  日本野球科学研究会 ,  日本コーチング学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る