研究者
J-GLOBAL ID:201901018014204956   更新日: 2021年09月20日

山本 裕子

YAMAMOTO Yuko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2024 米国モダニズム文学と女性ファッション雑誌との相互影響関係についての研究
  • 2015 - 2019 写真家ウォーカー・エヴァンズとモダニスト文学者との学際的比較研究
  • 2015 - 2018 モダニズムの大衆化と英米プリント・カルチャーの戦略の関係についての研究
  • 2012 - 2015 フォト・テクスト研究 --米国モダニズム文学とドキュメンタリー写真の交差
論文 (19件):
  • Yuko YAMAMOTO. "When Faulkner Was in Vogue: The American Women’s Magazine Fashioning a Modernist Icon". The Journal of Modern Periodical Studies (Special Issue: Investigating Big Magazines). 2020. 11. 1. 127-143
  • 山本 裕子. 「フォークナーのドラマトゥルギー -『操り人形』から『尼僧への鎮魂歌』へ-」. アメリカ演劇. 2019. 30
  • Yuko YAMAMOTO. “This Problem Doesn’t Exist in Your Country”:Teaching Faulkner’s Light in August in Japan. Teaching Faulkner Newsletter. 2019. 36
  • 山本 裕子. 「移動性の法則 --スノープス三部作と地理的想像力」. フォークナー. 2017. 19
  • 山本 裕子. 「「失われた世代」の戦争神話-Faulkner, Soldiers’ Pay, 戦後印刷文化-」. アメリカ文学研究. 2017. 53. 21-35
もっと見る
MISC (9件):
  • 山本 裕子. 書評 『空とアメリカ文学』(石原剛編). 『アメリカ文学研究』(日本アメリカ文学会). 2021
  • Yuko YAMAMOTO. Review of William Faulkner: A Life Through Novels (André Bleikastein). RANAM: Recherches Anglaises et Nord-AMéricaines (Presses universitaires de Strasbourg). 2019
  • 山本 裕子. 書評 Studying and Teaching W.C. Falkner, William Faulkner, and Digital Literacy: Personal Democracy in Social Combination (Koichi FUJINO). 『フォークナー』(日本ウィリアム・フォークナー協会). 2019. 21
  • 山本 裕子. 書評『フォークナー、エステル、人種』(相田洋明). 『アメリカ文学研究』(日本アメリカ文学会). 2019
  • 山本 裕子. プロシーディングス「英語教育と専門教育の架橋をめざして-CLIL理論によるカリキュラム策定と授業実践-」. 『大会Proceedings』(日本英文学会). 2018
もっと見る
書籍 (6件):
  • 竹内理矢・山本洋平編『深まりゆくアメリカ文学 : 源流と展開』
    ミネルヴァ書房 2021
  • 金澤哲、相田洋明、森有礼監訳『評伝ウィリアム・フォークナー』
    水声社 2020
  • Rieger, Christopher, and Andrew B. Leiter, editors. Faulkner and Hemingway.
    Southeast Missouri State University Press 2018
  • 貴志雅之編『アメリカ文学における幸福の追求とその行方』
    金星堂 2018
  • 金澤哲編『ウィリアム・フォークナーと老いの表象』
    松籟社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • 「映画になったフォークナーー『日本の印象』研究-」
    (フォークナー訪日論集研究会(於 Zoom) 2021)
  • 「“From Jefferson to the World”--フォークナーの『町』とグローバル資本主義」
    (中央大学人文研究所・研究会チーム「英語圏文学におけるグローバル、ローカル、エスニシティ」 (於Zoom) 2021)
  • (延期)“Faulkner on Screen at Home and Abroad: The Ford Foundation, US Information Agency, and a ‘People’s Modernism.’”
    (Faulkner's Modernisms: Faulkner and Yoknapatawpha Conference, Oxford, Mississippi, July 19-23, 2020 (Conference postponed to 2022 due to COVID-19))
  • (中止)"Re-Visioning the South: Faulkner, Evans, and Documentary Photo-Texts at Midcentury."
    (American Literature Association, San Diego, CA, May 21-24, 2020 (Conference canceled due to COVID-19))
  • “‘The Family of Man’: William Faulkner and Public Diplomacy in Postwar Japan.”
    (Faulkner's Families: Faulkner and Yoknapatawpha Conference 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2003 Columbia University Graduate School of Arts and Sciences, English and Comparative Literature
  • 1998 - 2001 同志社大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程(後期課程)
  • 1996 - 1998 同志社大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程(前期課程)
  • 1992 - 1996 同志社大学文学部英文学科
学位 (2件):
  • 文学修士(同志社大学)
  • Master of Arts (Columbia University)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 千葉大学文学部准教授
  • 2013/04 - 2015/03 京都ノートルダム女子大学人間文化学部准教授
  • 2009/04 - 2013/03 京都ノートルダム女子大学人間文化学部専任講師
委員歴 (3件):
  • 2019/06 - 現在 日本英文学会 大会準備委員(米文学・現代散文)
  • 2016/04 - 2018/03 日本アメリカ文学会東京支部 世話人(現代散文)
  • 2013/04 - 2015/03 日本アメリカ文学会関西支部 地区委員(京都)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る