研究者
J-GLOBAL ID:201901018113668514   更新日: 2021年05月10日

藤原 崇雅

フジワラ タカマサ | Fujiwara Takamasa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 日本文学
研究キーワード (3件): 武田泰淳 ,  戦後文学 ,  日本近代文学
論文 (10件):
  • 物語論としてのJ-P・サルトル :武田泰淳『風媒花』における時間表現. 弓削商船高等専門学校紀要. 2020. 42. 29-40
  • 藤原崇雅. 政治化された内臓:武田泰淳「非革命者」と中国境内日僑集中管理弁法. 「外地」日本語文学研究論集. 2019. 1. 55-71
  • 武田泰淳「日本文学的命運」の紹介と翻訳:上海における日本人居留民の中国語評論. フェンスレス. 2019. 5. 21-36
  • 古典解釈の弁証法:戦後日本における『紅楼夢』論争の受容と村松暎. フェンスレス. 2019. 5. 5-20
  • 藤原崇雅. 十三妹にされた何玉鳳:武田泰淳『中国忍者伝 十三妹』における転倒した白話. 同志社国文学. 2018. 89. 29-42
もっと見る
MISC (11件):
  • 外村彰編『せとうち文学叢書 呉・江田島・芸南編』VI~VIII. 会報. 2021. 33. 4-5
  • 藤原崇雅. 研究動向 武田泰淳. 昭和文学研究. 2021. 82. 137-140
  • 藤原崇雅. 総目次『改造週報』(陸軍第三方面軍司令部改造日報館). フェンスレス(オンライン版). 2020. 5. 149-160
  • 藤原崇雅. 発表を振り返って. 会報. 2017. 26. 7-8
  • 藤原崇雅. 第28回占領開拓期文化研究会印象記. 占領開拓期文化研究会ブログ. 2017
もっと見る
書籍 (2件):
  • 上海の戦後:人びとの模索・越境・記憶
    勉誠出版 2019
  • 『三玉挑事抄』注釈
    和泉書院 2019
講演・口頭発表等 (19件):
  • 武田泰淳「審判」論:上海現地資料による注釈の試み
    (第35回占領開拓期文化研究会 2021)
  • Between Personal Interest and Ideology:The Discourse of Japanese Intellectuals Who Visited China During the Cultural Revolution
    (Association for Asian Studies in Asia 2020 2020)
  • 引揚親世代の上海ノスタルジー:1980年前後の回顧録における大陸の〈幻像〉
    (東アジアと同時代日本語文学フォーラム 第7回台北大会 2019)
  • 武田泰淳と謝冰瑩
    (GLOBAL NETWORK FOR GENDER STUDIES IN ASIA 2019)
  • 「ドモ又」の共済:戦後上海における日本人居留民の演劇活動
    (第57回阪神近代文学会2019年度夏季大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2019 同志社大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程
  • 2012 - 2015 同志社大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程
  • 2008 - 2012 同志社大学文学部国文学科
学位 (1件):
  • 博士(国文学) (同志社大学)
経歴 (10件):
  • 2020/10 - 現在 信州大学 教育学部 助教
  • 2019/04 - 2020/09 弓削商船高等専門学校 総合教育科 助教
  • 2019/01 - 2019/04 舞鶴工業高等専門学校 人文科学部門 非常勤講師
  • 2018/12 - 2019/03 フジ国際語学院 早稲田校 非常勤教員
  • 2018/04 - 2019/03 同志社香里中学校・高等学校 中学校国語科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 日本近代文学会関西支部 運営委員
  • 2018/04 - 現在 占領開拓期文化研究会 編集委員
  • 2016/04 - 2018/03 占領開拓期文化研究会 会計監査
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る