研究者
J-GLOBAL ID:201901018275299377   更新日: 2020年06月03日

丸井 朱里

Marui Shuri
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (4件): エストロゲン ,  基礎体温 ,  女性ホルモン ,  体温調節
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2020 閉経女性の熱中症予防に向けた最適な運動処方および栄養処方の開発
  • 2018 - 2018 基礎体温測定デバイス開発に向けた新規測定部位の探索
論文 (5件):
  • Yamada M, Hokazono C, Tokizawa K, Marui S, Iwata M, Lira VA, Suzuki K, Miura S, Nagashima K, Okutsu M. Muscle-derived SDF-1α/CXCL12 modulates endothelial cell proliferation but not exercise training-induced angiogenesis. American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology. 2019
  • Masuda Y, Marui S, Kato I, Fujiki M, Nakada M, Nagashima K. Thermal and cardiovascular responses and thermal sensation during hot-water bathing and the influence of room temperature. Journal of thermal biology. 2019. 82. 83-89
  • Nagashima K, Tokizawa K, Marui S. Thermal comfort. Handbook of clinical neurology. 2018. 156. 249-260
  • Marui S, Misawa A, Tanaka Y, Nagashima K. Assessment of axillary temperature for the evaluation of normal body temperature of healthy young adults at rest in a thermoneutral environment. Journal of physiological anthropology. 2017. 36. 1. 18
  • Yuki Uchida, Kei Nagashima, Shuri Marui. Estrogenic modulation of female thermoregulatory behavior in a cold environment. 2016. 5. 1. 77-80
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 日本生理学会若手の会 運営委員
  • 2016/03 - 現在 生理学女性研究者の会 インターネット担当
受賞 (3件):
  • 2017 - 日本生気象学会 第26回日本生気象学会研究奨励賞 Daily Changes of Body Temperature and Heart Rate are Modulated after Estradiol Depletion in Female Rats
  • 2016 - 第55回日本生気象学会大会 若手発表コンテスト優秀賞 雌ラットにおけるエストラジオール欠乏が暗期暑熱時の耐熱能に及ぼす影響
  • 2012 - 第51回日本生気象学会大会 若手発表コンテスト優秀賞 女性ホルモンのエストロゲンが雌ラットの生理機能に与える影響
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る