研究者
J-GLOBAL ID:201901018301605570   更新日: 2021年04月20日

岸本 励季

キシモト レイキ | KISHIMOTO Reiki
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会特別研究員PD
研究分野 (1件): 実験心理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 個体間相互作用から創発されるリズムとその親和効果 -動物モデルによる検討-
  • 2017 - 2019 未来志向的行動 -将来に向けた準備的記憶方略の進化と発達-
論文 (6件):
  • 岸本励季. 評判ダイナミクスを維持する心的仕組みの実験的考察. 心理学評論. 2020. 63. 55-62
  • Capuchin monkeys (Sapajus apella) failed to seek information for their potential forgetting in a computerized task. 2020. 61. 623-632
  • Kishimoto, R, Iwasaki, S, Fujita K. Do capuchins (Sapajus apella) know how well they will remember? Analysis of delay length-dependency with memory strategies. 2019. 133. 340-350
  • Kishimoto, R, Itakura, S, Fujita, K, Hashiya, K. Evaluation of “calculating” helpers based on third-party observation in adults and children. Psychologia. 2018. 61. 185-199
  • Kishimoto, R, Sasaki, K, Gobara, A, Ojiro, Y, Nam, G, Miura, K, Yamada, Y. When a silhouette appears male: Observer’s own physical fitness governs social categorization of sexually ambiguous stimuli. 2016. 7. 17-20. 17-20
もっと見る
MISC (1件):
  • Reiki Kishimoto, Sumie Iwasaki, Kazuo Fujita. Do capuchin monkeys (Cebus apella) flexibly change information encoding depending upon expected task difficulty?. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 263-263
学歴 (3件):
  • 2015 - 2019 京都大学大学院 行動文化学専攻 心理学専修
  • 2013 - 2015 九州大学大学院 行動システム専攻
  • 2009 - 2013 九州大学 芸術情報設計学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 東京大学大学院総合文化研究科 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2019/04 - 2021/04 愛知大学 文学部 心理学科 研究助教
  • 2017/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る