研究者
J-GLOBAL ID:201901018497774472   更新日: 2021年10月07日

武田 佳子

Takeda Yoshiko
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2025 一般市民の人生会議(アドバンス・ケア・プランニング)を支援する取り組みとその評価
  • 2017 - 2021 健康状態が良い時期から始めるアドバンス・ケア・プランニングの取り組みとその評価
  • 2016 - 2020 乳房再建術を受けた乳がん患者の長期サポートプログラムの開発
MISC (9件):
  • 辻川 真弓, 犬丸 杏里, 坂口 美和, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 玉木 朋子, 竹内 佐智恵. 保健医療福祉職を対象としたAdvance Care Planning(ACP)を促すワークショップの評価. Palliative Care Research. 2021. 16. 2. 215-224
  • 犬丸 杏里, 竹内 佐智恵, 坂口 美和, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 辻川 真弓, 辻川 真弓. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップが参加者に与える影響」. 日本がん看護学会学術集会. 2020. 34回. [P19-154]
  • 犬丸 杏里, 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 吉田 和枝, 船尾 浩貴, 武田 佳子, 辻川 真弓. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップの評価 意向の変化・芽生えに関する質的検討. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S357-S357
  • 辻川 真弓, 犬丸 杏里, 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 吉田 和枝, 船尾 浩貴, 武田 佳子. 「もしバナゲーム」を用いたACPワークショップの評価 死生観の変化による量的検討. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S358-S358
  • 坂口 美和, 竹内 佐智恵, 武田 佳子, 船尾 浩貴, 吉田 和枝, 犬丸 杏里, 久田 邦博, 辻川 真弓. がん体験者の病いの語りから看護学生が見出したがん体験者の家族の強みとその理由. 日本がん看護学会誌. 2019. 33. Suppl. 192-192
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士 (大阪大学)
所属学会 (4件):
日本がん看護学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る