研究者
J-GLOBAL ID:201901018635962994   更新日: 2020年06月04日

小髙 康裕

コダカ ヤスヒロ | Kodaka Yasuhiro
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 消化器内科学
論文 (7件):
  • Camostat Mesilate, Pancrelipase, and Rabeprazole Combination Therapy Improves Epigastric Pain in Early Chronic Pancreatitis and Functional Dyspepsia with Pancreatic Enzyme Abnormalities. Digestion. 2019. 99. 4. 283-292
  • New classification Rome IV functional dyspepsia and subtypes. Transl Gastroenterol Hepatol. 2018. 19. 3. 70-70
  • Management of functional dyspepsia: state of the art and emerging therapies. Ther Adv. Ther Adv Chronic Dis. 2018. 9. 1. 23-32
  • Comparison of clinical symptoms, gastric motility and fat intake in the early chronic pancreatitis patients with anti-acid therapy-resistant functional dyspepsia patients. PLoS One. 2018. 13. 11. e0205165-e0205165
  • Apurinic/apyrimidinic endonuclease-1 is associated with angiogenesis and VEGF production via upregulation of COX-2 expression in esophageal cancer tissues. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2014. 306. 3. G183-G190
もっと見る
MISC (1件):
  • 小髙康裕, 二神生爾, 丸木雄太, 河越哲郎, 坂本長逸. H.pylori感染と胃癌の進展機構. 日本臨床生理学会雑誌. 2014. 44. 3. 107-111
講演・口頭発表等 (4件):
  • 多施設共同研究における大腸憩室出血患者群を対象にしたDOAC内服、抗血小板薬内服患者群の比較検討の試み
    (第15回日本消化管学会総会学術集会 2019)
  • H.pylori陽性胃炎における京都分類とCOX-2 1195, IL-1β511, mPGES-1のSNPを用いた胃癌ハイリスク群予測の試み
    (JDDW2017 2017)
  • H.pylori陽性胃炎患者におけるCOX-2のSNPを用いた除菌後ハイリスク群の絞り込み
    (第22回日本ヘリコバクター学会 2016)
  • H.pylori陽性胃炎患者におけるCOX-2のSNPを用いた除菌後ハイリスク群の絞り込み
    (第100回日本消化器病学会 2014)
学歴 (1件):
  • - 2007 日本医科大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (2件):
  • 2019/10 - 現在 日本医科大学武蔵小杉病院 病院講師
  • 日本医科大学 消化器内科学
所属学会 (5件):
日本ヘリコバクター学会 ,  日本消化管学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る