研究者
J-GLOBAL ID:201901018847791650   更新日: 2020年02月19日

樋泉 岳二

Toizumi Takeji
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 考古学
MISC (33件):
  • 佐藤善輝, 樋泉岳二, 小岩直人, 小野映介. 青森県小川原湖の湾口部における完新世中期以降の地形環境変化. 日本第四紀学会講演要旨集. 2018. 48. 56
  • 阿部 芳郎, 樋泉 岳二. 縄文時代晩期における土器製塩技術の研究 : 茨城県法堂遺跡における製塩行為の復元. 駿台史學 = Sundai historical review : the journal of the Historico-Geographical Association of Meiji University. 2015. 155. 53-79
  • 樋泉 岳二. 鎌倉・江戸の水産資源 (特集 水産資源と歴史考古学) -- (水産資源の消費と食文化). 季刊考古学. 2014. 128. 60-62
  • 樋泉 岳二. 動物資源利用からみた縄文後期における東京湾東岸の地域社会 (20周年記念号) -- (生業活動に関する論考). 動物考古学. 2013. 30. 3-18
  • 樋泉 岳二. 動物考古学からみた低湿地遺跡--関東地方の事例 (特集 低地の考古学) -- (低地遺跡から環境を探る). 季刊考古学. 2011. 115. 80-82
もっと見る
書籍 (3件):
  • 大地と森の中で-縄文時代の古生態系 (縄文時代の考古学3)
    同成社 2009 ISBN:4886214533
  • 食べ物の考古学
    学生社 2007 ISBN:9784311203046
  • 貝層の研究
    千葉市立加曽利貝塚博物館 1999
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る