研究者
J-GLOBAL ID:201901019282946457   更新日: 2019年11月06日

備前 宏紀

Hiroki Bizen
所属機関・部署:
研究キーワード (3件): 近赤外線分光法 ,  作業療法 ,  リハビリテーション
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 近赤外線分光法及び高次多変量解析を用い た運動学習における脳内メカニズムの解明
論文 (4件):
  • 備前宏紀, 竹田徳則, 木村大介, 山名知子. 4. 手段的日常生活活動(IADL)は認知機能に対し保護的に作用するのか~内側側頭葉の萎縮-認知機能- IADLの相互関連の検討~. 作業療法. 2018. 37. 5. 537-544
  • 備前宏紀, 木村大介, 大歳太郎. 2. 物忘れを主訴に神経内科を受診した患者における海馬の萎縮および脳血流と神経心理学検査の関係. 保健医療学雑誌. 2017. 8. 2. 104-109
  • 備前宏紀, 竹田徳則, 木村大介, 山名知子. 3. 物忘れを主訴とした高齢者の軽度認知機能障害に関する神経心理学検査及び日常生活活動の特徴. 日本認知症予防学会誌. 2017. 7. 2. 13-19
  • 備前宏紀, 冨山直輝, 長谷川龍一. 1. 地域在住女性高齢者における運動強度の違いによる筋力増強への効果. 作業療法. 2013. 31. 6. 583-592
経歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 関西医療大学 助教
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 日本作業療法士協会 学会演題査読委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る