研究者
J-GLOBAL ID:201901019882909482   更新日: 2020年06月09日

谷岡 大輔

Tanioka Daisuke
所属機関・部署:
論文 (5件):
  • Tanioka D, Abe T, Ikeda H, Kushima M. [A case of cerebellar tuberculoma]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2005. 33. 9. 919-923
  • Tanioka D, Abe T, Kunii N, Izumiyama H. [A case of a hemorrhagic non-functioning pituitary adenoma presenting with abducens nerve palsy]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2005. 33. 5. 473-479
  • Izumiyama H, Abe T, Tanioka D, Fukuda A, Kunii N. Clinicopathological examination of glioma by proton magnetic resonance spectroscopy background. Brain tumor pathology. 2004. 21. 1. 39-46
  • Izumiyama H, Abe T, Tanioka D, Fukuda A, Kunii N. Gliomatosis cerebri in a young patient showing various cranial nerve manifestations: a case report. Brain tumor pathology. 2003. 20. 2. 93-96
  • Somekawa K, Nagata K, Kawamoto S, Furuya H, Tanioka D, Isoo A. [Treatment for the ruptured bilateral vertebral dissecting aneurysms]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2002. 30. 3. 321-325
MISC (198件):
  • 谷岡 大輔, 清水 克悦, 水谷 徹. 原発性アルドステロン症が一つの要因と考えられた脳被殻出血の1例. 昭和学士会雑誌. 2019. 79. 1. 104-109
  • 谷岡大輔, 清水克悦, 松本政輝, 小林裕介, 水谷徹, 平野康次郎. トルコ鞍部・傍鞍部病変に対する安全性を考慮した経鼻内視鏡手術. 日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集. 2018. 25th. 97
  • 谷岡大輔, 清水克悦, 松本政輝, 新井晋太郎, 水谷徹, 平野康次郎. リスク低減を考慮した経鼻内視鏡手術. 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集. 2018. 23rd. 94
  • 谷岡大輔, 藤島裕丈, 吉山智美. アクロメガリーに対する外科治療. 日本内分泌学会雑誌. 2018. 94. 1. 417-417
  • 吉山智美, 谷岡大輔, 水谷徹. 下垂体卒中様症状で発症したラトケ嚢胞の一例. 日本内分泌学会雑誌. 2018. 94. 1. 417-417
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る