研究者
J-GLOBAL ID:201901020005834933   更新日: 2020年08月30日

利部 正裕

カガブ マサヒロ | Kagabu Masahiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 産婦人科学
研究キーワード (2件): 腫瘍免疫学 ,  婦人科腫瘍学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 卵巣明細胞癌に対するNEFHを標的とした新規治療法の開発
  • 2016 - 2019 卵巣明細胞癌に対するKANK1を標的とした新規治療法の開発
  • 2016 - 2019 卵巣がんにおける免疫逃避機構改善を目指した新規ウイルス療法の開発
MISC (28件):
  • 佐藤誠也, 尾上洋樹, 黒川絵里加, 深川大輔, 佐藤千絵, 深川安寿子, 苫米地英俊, 池田真妃, 永沢崇幸, 利部正裕, 千葉淳美, 庄子忠宏, 竹内聡, 熊谷仁, 板持広明, 馬場長. 岩手県におけるロボット支援下子宮体癌手術の導入. 産婦人科手術. 2019. 30. 142
  • 佐藤誠也, 尾上洋樹, 杣理華子, 黒川絵里加, 深川大輔, 佐藤千絵, 深川安寿子, 苫米地英俊, 永沢崇幸, 利部正裕, 庄子忠宏, 板持広明, 馬場長. 岩手県における早期子宮体癌に対する鏡視下手術の導入. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2019. 37. 3. 505-505
  • 苫米地英俊, 庄子忠宏, 深川大輔, 深川安寿子, 永沢崇幸, 佐藤誠也, 利部正裕, 板持広明, 馬場長. 進行卵巣癌・卵管癌・原発性腹膜癌に対するIDS完遂度の意義. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2019. 37. 3. 532-532
  • 深川大輔, 苫米地英俊, 永沢崇幸, 佐藤誠也, 利部正裕, 庄子忠宏, 板持広明, 馬場長. 上皮成分に種々の化生を伴う子宮体部腺肉腫の一例. 東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集(Web). 2019. 147th. 65 (WEB ONLY)-65
  • 佐藤千絵, 黒川絵里加, 深川安寿子, 苫米地英俊, 永沢崇幸, 佐藤誠也, 利部正裕, 千葉淳美, 庄子忠宏, 竹内聡, 板持広明. LEGHを伴った子宮頸部憩室の一例. 日本産科婦人科学会雑誌. 2019. 71. 臨増. S.617-617
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (岩手医科大学)
経歴 (4件):
  • 2020/07 - 現在 岩手医科大学 講師
  • 2017/01 - 2020/06 岩手医科大学 特任講師
  • 2009/09 - 2016/12 岩手医科大学 助教
  • 2007/09 - 2009/08 ペンシルバニア大学 客員講師
所属学会 (7件):
日本がん免疫学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本婦人科腫瘍学会 ,  日本産婦人科医会 ,  日本産科婦人科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る