研究者
J-GLOBAL ID:201901020055669356   更新日: 2021年10月18日

井内 伸栄

イウチ ノブエ | Iuchi Nobue
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教育工学
研究キーワード (2件): 情報教育 ,  動機づけ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 遠隔看護を見据えた看護学生のコミュニケーション能力を高める教育方法の開発
  • 2015 - 2018 自己調整学習を促進するモーションキャプチャー利用ボディメカニクス教材の開発
論文 (15件):
  • 井内伸栄. 子どもたちの情報活用能力の育成-小学校教員へのインタビュー調査に基づく検討-. 大阪信愛生命環境総合研究所論文集「人と環境」Vol.14. 2021. 55-67
  • 井内伸栄. 新学習指導要領への移行に伴う子どもたちの情報活用能力の育成に関する文献検討. 大阪信愛学院短期大学紀要第55集. 2021. 1-5
  • 田中希穂, 豊島めぐみ, 井内伸栄, 上田博之. 看護師養成初期段階における学習動機づけと職業的アイデンティティおよび学校適応感の関連. 日本医学看護学教育学会誌. 2019. 28. 2. 9-16
  • 井内伸栄, 上田博之, 小林菜穂子, 籔内順子. ボディメカニクス自己学習用e-Learning教材の試験運用と評価. 大阪信愛学院短期大学紀要. 2018. 53. B1. 1-5
  • 井内伸栄, 上田博之, 小林菜穂子, 籔内順子. 看護学生と看護師の水平移動と椅子への移乗動作. 大阪信愛女学院短期大学紀要. 2018. 52. A3. 1-5
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 短期大学生の情報セキュリティに関する学習状況の検討
    (日本教育情報学会第33回年会 2017)
  • 看護学生の就業動機と自己調整-将来の仕事における目標との関連性-
    (日本教育心理学会第58回総会 2016)
  • 看護学生のボディメカニクス自己学習を支援するe-Learning教材の開発-モーションキャプチャーを用いた椅子への移乗動作分析より-
    (日本教育工学会第32回全国大会 2016)
  • e-Learningによる情報倫理学習に関する内容検討
    (日本教育情報学会第32回年会 2016)
  • Efficacy of Online Resources for Acquiring Nursing Skills:A Trial for Self-Study by E-Learning Systems
    (The 2nd Asian Congress in Nursing Education 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(学術) (大阪教育大学)
所属学会 (6件):
日本教育心理学会 ,  日本医学看護学教育学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本キャリア教育学会 ,  日本教育工学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る